en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

海外旅行記・アメリカ東部 〜クリスマス後チャールストン・サバンナ

アメリカ東海岸の日の出を求めて

この日は東海岸の夜明けを求めて、夜明け前に起き出し海岸へと向かった。 場所は昨日も夕暮れ時に訪ねた、ウォーターフロントパーク。 しかしこの日の海岸線は分厚い霧に覆われており、残念ながら日の出どころか何も見えなかった。 しかし朝方の霧に覆われたチャールストンの街はなかなか風情があり一見の価値あり。 この日のホテルは朝食が付いていなかったので、帰り道のスターバックスでクッキーとコーヒーで朝食を済ませた。

クリスマス明けのチャールストン

チャールストンの市街地

チャールストンの良い感じの市街地

さてホテルに戻って少し休憩した私たちは、午前中のチャールストンを再び歩くことにした。 最初に赴いたのはシティーマーケット。 乾かした草を手で編み込んだ工芸品がメインの出し物で、色々なところに実演販売をしている人たちがいる。 私たちも1個草で編んだ小さな花束を購入。 シティーマーケットは200m程の通りで、この工芸品のほかにもお土産やちょっとした食べ物など色々売っていたと思う。
シティーマーケットを後にした私たちは、チャールストンのデパートをのぞいたりしつつお散歩。 その後シーフードレストランでお昼ご飯を食べてからサバンナ方面へと旅立ったのであった。 食事の詳細は投稿下部に。

東海岸のフォーリービーチへ

最初の中継地はチャールストンから車で40分ほどのフォーリービーチ(folly beach)。 この日は駐車場が無料だったようだが、ハイシーズンは無料じゃないかもしれない。 駐車場に車を止めたらビーチは歩いてすぐそこだ。
クリスマス明けだったがこの日はとても暖かった。 私たちは海岸を歩いただけだが、海に足をつけても冷たさはあまり感じなかった。 子供なんかは海に入ってたくらいだ。 なかなか綺麗な海と広い海岸線。 時間が許せば立ち寄ってみると良いビーチである。 残念ながらiPadで撮っていた写真のデータを最近飛ばしてしまったので、写真が残っていない。

チャールストンからサバンナへのドライブ

さてチャールストンエリアからサバンナへのドライブは二時間ほど。 サバンナの都市部へと入る大きな橋はなかなかに壮観だった。
この日のホテルはサバンナのヒルトン。 川沿いの観光エリアまでは歩いて10分ほどの距離だった。 駐車場はちょっとお高いバレットパーキング・バレーパーキング(valet parking)しかなかったので、近場に駐車場がないか係員に聞いてみた。 するとこの日は路上駐車が朝まで無料だとのこと。 そこで近場を少しくるくるとドライブして駐車場所を見つけたのだった。
駐車場所からヒルトンまで戻ってチェックイン。 ヒルトンは場所によって当たり外れが大きい印象だが、サバンナのヒルトンはなかなかに良い部屋を備えていた。
ちょうど夕食に良い時間になっていたので、荷物を置いたらすぐにレストランへと向かった。 夕食の後は夜の川沿いの観光エリア・リバーストリートをのんびりとお散歩。 古い建築が並んでたっており、夜間の照明と合わせてとても綺麗な通りであった。 その後いくつかのお店を回り、買い物を少ししてからホテルへと戻ったのだった。

ホテル・レストラン情報

ホテル:Hilton Savannah DeSoto

四つ星ホテル、プライスラインから150ドルくらいだったかな。 部屋は清潔で良い感じ。 チェックアウトの時にやたらエレベータが混んでいて階段を使ったような記憶。 そして階段がわかりにくかった。 立地は川沿いの観光エリアまでは10分ほどで、サヴァンナの公園を回るのにも良い。

朝食: スターバックス ☆☆☆

バナナケーキとコーヒーが美味しかった。 まあスターバックスはどこでも一緒です。

昼食: Hyman’s Seafood Restaurant(215 Meeting St) ☆☆☆

チャールストン hymans

前日の反省を生かして、オープン直後に来店。 しかしこの日はそんなに混んでいなかった。 おしゃれに内装されたレストランで雰囲気はとても良い。 スターターの生牡蠣はそこそこ新鮮。 私はオススメの魚のフライを、嫁はpoboyをメインに食べた。 魚のフライは普通に美味しかったのだけど、沿岸都市まで来てこれを食べる必要もなかったかなとも思った。 poboyも美味しかっのだたけど、前日のtoastのものの方がややレベルが高かったか。 お店はとても良い雰囲気だったけど、注文を失敗という感じ。

夕食: Alligator Soul Restaurant(114 Barnard St) ☆☆☆☆

alligator soul フリッター

入り口が地下なのでちょっとわかりにくい。 予約はしていなかったがカウンター席なら入れるとのことで、カウンターでお食事。 前菜のワニ肉のフリッターがとても秀逸だった。 後サービスで出たビーフシチューがとても良い出来だった。 メインの鹿肉のソテーはまあまあ。 普通のメニューを頼むべきだったと少し後悔。 嫁はこの地方でよく出る、海老のリゾット(shrimp and grits)を注文。 エビはおいしかったけど、別にこのリゾットを頼む必要はなかったかな。 またもや注文を失敗したディナーであった。

関連記事

1. 海外旅行記のまとめ

2. 海外旅行記・アメリカ東部 〜クリスマスイブ・イン・チャールストン

3. 海外旅行記・アメリカ東部 〜クリスマス・イン・チャールストン

4. 海外旅行記・アメリカ東部 〜サバンナからアトランタへ

D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください