en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

国外に出る前にやっておくべき手続き 〜アメリカ編

思い出した時に書いておこうシリーズ。 国外出国手続きフランス編を書いていて、アメリカの国外に出る前にしたことも覚えているうちに書いておく。

アパートの解約

基本的に1年契約なので切れ目だったら更新しない旨を伝えれば良い。 途中の場合だと解約料が契約の時に決めただけかかる。 ちなみにアメリカで就職都合で移動する場合、新しい就職先が解約料を払ってくれるということは結構あるらしい。

インターネット・テレビの契約停止

私たちはcomcastという会社を使っていた。 停止するのには電話をする必要がある。 サービスを止めようというラインに電話をすると、いくつかの自動転送のボタンを押したのちに専用の電話受付につながる。 英語で電話はちょっと難しい感じもするかもしれないが、こういうところの人は結構綺麗な英語をしゃべるし、こちらの特殊なアクセントにも結構なれてたりするのでやりやすいものなのだ。 まあ契約の時はともかく、解約のときに英語に不安がある人は少ないかもしれないが。
最初に必ず聞かれることは、なんで止めたいのかということ。 値段に不満があるというようなことを言うと、いろいろとサービスパッケージをオファーしてきたりする。 実は契約解除用の電話ラインというのは、月々の契約料を下げる交渉に使えるラインだったりするのだ。 それについてはチャンスがあれば後で書くかもしれないが、ここでは割愛する。

といことで、国外に出るからインターネット・ケーブルテレビを止めたいという旨を伝える。 そういう事情だと向こうも特に引き留めたりとかはしてこない。 こちらの住所や契約の個人番号などの情報提供を求められ、その後引っ越し日時を伝えるとその日で契約を止めるということにしてくれる。
こちら側でしないといけないことは、レンタルしていたモデムなどを近くのcomcastショップまで返却すること(郵送もできたと思う)。 また引っ越し日時次第かもしれないが、翌月の請求までオンラインでは出てくるが、無視して良いとのことを言われた。

携帯の停止

私はプリペイド、嫁はマンスリーで入金のタイプだったので入金を止めておしまい。

水道・電気の停止

最後に私の住んでいたアパートでは、水道・電気は自分で個別に契約することになっていた。 なので水道会社と電気会社に行って契約を止める必要があった。 この時の電気会社は電話でのやり取りで契約を止めることができた。
最終月の料金はデポジットから落として、残りのデポジットをチェックで送ってくれると言うことになった。 水道は水道会社に直接赴く必要があったが、手続きは同じであった。 どちらの会社も日本まで国際郵便でチェックを送ってくれた。 ちなみにバンク・オブ・アメリカの場合、チェックは銀行の携帯アプリとかで銀行に入金できる。

家具の売却

Craigslistで売却。 急ぎだったので買値の半額以下の値段でおいたら飛ぶように売れた。 郵送などはめんどくさいので、直接引き取り限定。 田舎だったこともあるだろうけど、購入に来た人はみんなジェントルで良い取引ができた。 引っ越し日時に余裕がある場合は少し高めに置いても、見てる人は結構いそうな雰囲気だった。 売れそうにもない家具や古い服などはGoodwillに寄付をした。

車の売却

車の売却はcarmaxという中古車ディーラーに売った。 最初は職場の売買掲示板などにkelly blue bookの値段で広告を出してみた。 いくつか問い合わせはあったのだが、車を見る前から10万以上値引きをしろとかいうたちの悪い人たちしか集まらなかったので断念(kelly blue bookはかなりフェアな値段だし、私の車の状態は整備済みでかなり良かった)。 嫌な思いをするくらいならと、売却日程やプロセスに都合がつく大手中古ディーラーに売っぱらうことに決めた。
Carmaxでは最初に見積もりを取りに店舗まで行く必要がある。 予約はオンラインでできたと思う。 Carmaxの見積もりは無料なので、他の媒体で売るにしてもとりあえず見積もりを取っておいても損はない。 Carmaxのオファーは7日間有効で、その後の場合はもう一度見積もりを取ってもらう必要がある。 傷でもつけなければ値段は同じであろうが。 アメリカ最終日の前日にレンタルカーを借りてから、Carmaxまで車を売りに行った。 当日は見積もりの時に受け取った書類を渡して、後は鍵と車のタイトルを渡しておしまい。 待ち時間もほぼなし。 早めに売却してレンタルカーを長期間借りる可能性を考えたら、結果としては良かったのではないかと思っている。
私の嫁の場合は家具と同じくCraigslistに広告を出して、ほぼkelly blue bookと同じ値段で売買契約を決めていた。 私も職場の掲示板などよりもCraigslistに行くべきだったのかもしれない。

郵便の転送手続き

郵便の国際転送手続きはオンラインではできなかったと思う。 郵便局でやる必要があるので早めにやって置いた方がよい。

関連記事

海外就職手続きのまとめ

D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください