en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

海外旅行記・グランドサークル 〜秘境ホワイトポケットの絶景

投稿下部の写真ギャラリーをみていただけたらわかるかもしれないが、ナウシカのようなアニメ映画やSFの世界に紛れ込んだような気分に浸れる秘境。

ホワイトポケットへ向かう準備

ここのすごいところは、それなりに有名な観光地でその絶景にも関わらず、そこにはほとんど観光客がいないのだ。 私たちが到着した時に1グループがちょうど帰るところで、後ほど私たちが帰るころにもう1グループがたどり着いただけ。 訪問が少ないのは、アクセスが難しいからというのが一番だろう。
私たちはもともとザ・ウェーブ(The wave)に行きたくて、抽選さえ当たればこのエリアにくる予定があった。 なのでコンパクトだが一応SUVを借りることにしていた。 さらに運良く4WDのPATRIOTというjeepの車を借りることができた。 私たちの場合は自分たちの車保険がレンタルカーにも適応できたが、保険はしっかり入っておいた方がよいだろう。
というわけで私たちは比較的気楽にこのエリアのアクセスすることができたのだった。 しかしホワイトポケットへの道はアスファルト舗装はされていないが、危険なオフロードという感じの道を走るわけではない。 天候さえ良ければアクセスに問題が出ることはそこまでないだろう。 とはいえカナブ(kanab)にあるビジターセンターで天候を含めた事前情報をしっかりと仕入れてから挑戦することが重要だ。 ホワイトポケットへのアクセスするための条件自体が、変わることすらあるのだ。

ホワイトポケットであるが、ザ・ウェーブに行けなかった場合のセカンドプランとして考えている人が多いかもしれない。 両方とも近くのエリアにあり、特徴もよく似ているからだ。
ザ・ウェーブでは環境と景観を守るために、アクセスが1日20人までに制限されている。 10人は4ヶ月ほど前からウェブで抽選を行い、10人は前日にカナブのビジターセンターで抽選が行われる。 旅程が都合できてどうしても行きたい人はウェブ抽選の方がおすすめだが、6$ほどの申請料は抽選に失敗しても戻ってこない。
私たちもザ・ウェーブが第一目標であったのだが、旅行四日目に天候が良さそうだったこともあり、ホワイトポケットを先に訪れることにした。

ホワイトポケットへのアクセス

その日は、ページ(Page)のホテルからホワイトポケット方面に向かった。 途中でガソリンスタンドが1個くらい見つかるだろうと気を抜いていたら、全くガソリンスタンドが見つからないというアメリカ中西部地方あるあるに引っかかった。 とはいうものの3/4程度のガスは残っていたので、ガス欠になることはないだろうとヒヤヒヤしながら旅行を続行。
ホワイトポケットへの行き方は、英語の詳しいウェブサイトがいくつかある。 しかし詳細な地図というよりは、目印までの距離とどちらに曲がるかといった案内であるため、車のマイル表示を注意深く確認しながら運転する必要がある。
まず私たちは89号線北側から、ホワイトポケットエリアにアクセスをした。 高速で走っているところから急に小さな脇道に入らないといけないため、一度曲がることができずに通り過ぎてから戻って来た。 一応入り口のところにちょっとした案内図が入った箱が置いてあった。
そこからしばらく砂道を走ると、やや段差が大きめの溝にさしかかった。 見た感じでは結構段差があるように見えたので、車から降りてしばらくどうするか相談していたところ、通りすがりの中年男性が普通のセダンが少し前に通り過ぎていったから、このジープならまず大丈夫なはずだと助言をしてくれた。 そこで思い切って挑戦してみたところ、見た目ほどの段差ではなかったようで、意外なほどに簡単に通り抜けることができた。
この溝はその後何個かあり、気持ち的には最も難しい場所であったが、実は南側の89A号線からアクセスするとここは通らないで済む。 ザ・ウェーブは北側から入ってしばらくしたら駐車場があったので、溝を通り抜ける可能性はあるかもしれないが。

ホワイトポケットへの道

ホワイトポケットへ向かう砂道

その後はひたすら砂道・砂利道を走る。 想定していたほど深い砂道はなかったので、特に問題が起こることはなかった。 帰り道に道を間違えてUターンをするのに、ちょっと砂につかまったぐらいだろうか。
上写真のように手作りのフェンスを通り抜けたりするが、開けたら自分で締め直しておかないといけない。 幸いそこで車とすれ違うことはなかったが、最後の方は狭い道なのでちょうど良いところで待ち合わせるか、軽く脇道に乗り上げるかしないといけないかもしれない。 そんなこんなで3時間ほど慎重に運転したのちに、ホワイトポケットにたどり着いた。

ホワイトポケットの絶景

ホワイトポケットの景観は、本当に素晴らしかった! そのうえに、私たちだけでその景色を占有することができたのだ! 天候が悪化しそうな雰囲気があったため、1時間ほどで去らなければならなかったのが玉に瑕だが、本当に素晴らしい体験であった。 チャンスがあればもう1度訪問してみたいと心から思っている。
下の写真と英語版記事の写真で雰囲気は感じてもらえるとは思うが、写真はごく一部の切り取りにすぎない。 実際に行ってみると人それぞれ違う景色が見えると思う。 アメリカに観光に行くなら是非ホワイトポケットを選択肢に入れて欲しい。

 

関連記事

1. グランドサークルを周る9日間の旅

2. 海外旅行記のまとめ

D&X

en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

海外旅行記・アメリカ西部 〜グランドサークルの自然美

私はどちらかというと引きこもり体質なのだが、旅行好きの嫁のおかげで結構海外で旅行をしてきた。 また嫁が計画力・決断力が高いタイプなので、ツアーに参加するよりも、自分達で旅行プランをたてての旅行が多かった。 そのおかげで、ツアーでは行きにくい場所に行けたり、一箇所により時間をかけて観光することなどができてきた。
海外旅行記のカテゴリではそうした海外での旅行体験を書いていこうと思う。 嫁が英語版の方で既に幾つか書いているので、リンクさせつつ書いていきたい。 各投稿英語のマークをクリックすれば、英語盤の方を見ることができる。

グランドサークルの北側

私たちの旅したグランドサークル北側

記念すべき1回目はグランドサークルについて書きたい。 グランドサークルはアメリカ西部、コロラド、ユタ、アリゾナにまたがっている。 日本からも多くのパッケージツアーがあり、ラスベガス、グランドキャニオン、アーチーズ国立公園などを中心に回ることが多いだろう。 正直どこも日本ではお目にかからないようなスケールの大きい自然美を楽しむことができるので、アメリカに行くなら本当におすすめの場所だ。

さて、アメリカ滞在2年目ほどだっただろうか。 季節は9月前後、嫁(その当時は彼女)、アパートを訪ねてくれていた嫁の母親、そして私で旅行をすることになった。 グランドサークルはラスベガスに空港があるので、ラスベガス側から旅行をされる方が多いと思う。 しかし私たちの場合嫁がすでにそちら側から旅行した経験があった。
そこで今回はコロラドのグランドジャンクション空港をスタート地点にすることにした。 そこからレンタルカーを借りて、グランドサークルの北側を一周するという計画を立てたのだった(上画像の黄色のライン)。
旅行は全部で9日間。 一つの記事にこの旅程の全部を載せると取っ散らかることになるので、この投稿では全体の旅程を簡単に書き記し、後ほど観光地ごとの写真と体験記を記していきたい。 個別の投稿がある場合は、目的地にリンクが貼ってある。

1日目

目的地:アーチーズ国立公園(デリケートアーチ・ウインドウズセクション)

ホテル:Best western plus canyonlands inn 

早朝のフライトを取り、グランドジャンクションには12時程度に到着。 グランドジャンクション空港内のSubwayで昼食。
レンタルカーはあらかじめExpediaでコンパクトSUVを予約をしておいた。 会社は確かAVISだったと思う。 レンタルカーの窓口は出口を出てすぐにあるので、予約をしておいた会社の窓口に行けば良い。
貸し出しには運転する人全員の免許証を見せて、何枚か書類にサインをする。 保険は自前のものがない場合は入っておいた方が良いだろう。 書類の記入中になんとなく4WDがないか聞いたら、ちょうど余っていたようでJeepの4WDを貸してくれた。 後で別記事に詳細を書くが、いくつかの場所を運転するのにこのジープはとても役に立ってくれた。
ユタ州モアブまで二時間ほどかけて到着し、ベストウエスタンキャニオンランズインにチェックインした。 ベストウエスタン系列のホテルは、この旅行以外を含めても外れたことがない。 朝食も美味しかったし、ここはとても良かった。
その後スーパーで水などを買った後、四川レストランで夕食を食べて、アーチーズ国立公園を訪問した。

2日目

目的地:メサアーチアーチーズ国立公園(デビルズガーデン)モニュメントバレー

ホテル:the view hotel

夜が開ける前に起き出し、50分ほど運転してメサアーチに向かい日の出を鑑賞する。 ホテルに戻り朝食をとったら、チェックアウトしてアーチーズ国立公園を再び訪問。 デビルズガーデンを2時間ほどハイキングしてから、アーチーズ国立公園を離れモニュメントバレーへと移動することになった。
3時間のドライブの末、モニュメントバレーの中のビューホテルにチェックインした。 名前にふさわしい景観がホテルの部屋から眺めることができた。

3日目

目的地:モニュメントバレーレイクパウエル

ホテル:Clarion inn, page

再び夜明け前から起き出し、日の出をホテルから眺めつつ1日が始まる。 朝の涼しいうちにモニュメントバレー内のハイキングコースを、3時間ほどかけてのんびりと一周した。 その後チェックアウトして、モニュメントバレー内をドライブした後、2時間かけてアリゾナ州ページに向かった。 夕食はパウエル湖のレストランで。

4日目

目的地:ホワイトポケット

ホテル:Grand Circle Bed & Breakfast

旅行前は行くかどうか決めてもいなかったが、行った結果としてはアメリカ滞在中で最も良かった場所の一つになったホワイトポケットに向かう。 高速少しとオフロードを3時間ほどかけてたどりついた先は、言葉にはしがたい絶景であった。 天候が悪化しそうな雰囲気であったため、1時間ほどの滞在で切り上げカナブ(kanab)へと向かった。
この日のホテルはB&B、やや狭いがとても清潔な部屋と大きなバスルームがあり、次の日の朝食は素晴らしかった。 人によるだろうがホテルよりも楽しめるかもしれない。

5日目

目的地:アンテロープキャニオンホースシューベンド

ホテル:Days Inn & suites Kanab

カナブ滞在のメインの目的はThe Waveの抽選を当てることであった。 結果から言うと、3日間連続の挑戦の末・・・私たちは抽選を当てることができなかった。 初日は嫁が、二日目と三日目は私が挑戦したが、1日10人の制限の前に敗れ去ることになった。 抽選会場では日本人の方も見かけたが、残念ながら彼らも当選することはできなかったようだ。
というわけでWaveは諦めて、この日はアンテロープキャニオンに向かう。 キャニオン内での採光がベストな時間であるため、お昼前からの見学ツアーにに参加した。 2時間ほどのツアーの後、近場のホースシューベンドを見学してこの日はカナブに戻った。

6日目

目的地:ザイオン国立公園(ナローズ)コーラルピンク砂丘州立公園

ホテル:Days Inn & suites Kanab

この日も抽選を外したため、セカンドプランのザイオン国立公園に向かうことにする。 カナブからはアクセスがよく1時間ほどのドライブ。 この日はナローズというトレイルをハイキングすることにした。 ナローズは一風変わったハイキングコースで、ほぼ全てのコースが浅い川の中だ。 川の中用の靴とショートパンツを用意してあれば歩くのにはそれほど苦労はしないが、洪水などが急に起こることもあるので、掲示板を見てからハイキングコースに入る必要がある。
その後国立公園を出たところの、タイ料理屋で夕食をとる。 国立公園のレストランということであまり期待はしていなかったのだが、非常に美味しかった。 カナブのホテルに戻ったら日の入りまで少し時間があったので、急遽コーラルピンク砂丘州立公園(coral pink sand dunes state park)に向かうことにする。

7日目

目的地:ザイオン国立公園(エンジェルズランディング)ブライスキャニオン国立公園

ホテル:Best western plus ruby’s inn

三日目の抽選も無事外す。 そこでザイオン国立公園を再び訪れ、エンジェルズランディングというハイキングコーズにトライすることにした。 私はなんとかクリアすることができたが、高所が苦手な私には難しいコースであった。
その後ブライスキャニオン国立公園に移動し日没を鑑賞したが、この日の天気は残念ながらいまいちであった。 その後夕食を食べた後、スターゲージングに出直した。 短時間で天気が好転し完璧であったので、天の川まで綺麗に鑑賞することができた。

8日目

目的地:ブライスキャニオン国立公園

ホテル:Clarion inn grand junction

夜明け前に起き出し日の出を見ようと試みるが、再び天気があまりよろしくなかった。 朝のうちに簡単なハイキングトレールを歩いて、ブライスキャニオンを後にした。 この日はグランドジャンクションまで戻らなければいけなかったので、6時間の長時間ドライブすることになった。 しかし12号線と24号線と呼ばれるとても眺めの良い道であり、交通量も極めて少なかったのでのんびりとドライブを楽しむことができた。
乾燥した砂埃の道を9日間運転したたジープはそれなりに汚れていたので(あまりに汚れがひどい場合はプラス料金を請求される場合もあるとの情報有り)、安い自動洗車に行って車内も軽く清掃してからこの日のドライブを終えた。

9日目

早朝にレンタルカーを返却し、朝方の飛行機でグランドジャンクションを後にした。 ちなみにこの空港での早朝のレンタカーの返却は、車を駐車場に止めて鍵はカウンターに置いてある箱に入れておくだけで良かった。

関連記事

海外旅行記のまとめ

D&X