en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

全仏オープンテニス2018の決勝

長いグランドスラムもあっという間に決勝。今年の赤土を制するのは誰になるのでしょうか。

全仏オープン2018Women’s singlesの決勝

ハレプ対スティーブンスの決勝となった全仏オープン2018ウィメンズシングルス。

セリーナがまだ完調には遠く混沌としたままのウィメンズシングルス。
ハレプはそんな中で順調に勝ち進むことが多くランキング1位。一方でグランドスラム決勝にはなぜか勝てない。この大会は1試合も見れてないのでなんともいけないけど、決勝まで上がってきてるくらいだし調子悪くはないのだろう。第一シードでしっかりと決勝に残るウィメンズプレーヤーってセリナ以外だとあんまりいないよね。
一方スティーブンスはコンスタントに勝っている印象はなく、ランキングも10ほどとそこまで高くない。しかし昨年の全米をかっさらったように、ぽんっとビッグマッチを取るタイプになろうのだろうか。女版パブリンカ?
今大会何試合か見ることができた。得意の安定したラリーに加えて強めのショットも結構決まっていてコンディションが良さそう。今シーズン1勝しかしてないのが不思議な感じ。
というわけでセリナが戻るまではトップで戦いそうな両者の楽しみな一戦。

1セット目両者落ち着いた立ち上がり。ややスティーブンスが優勢な模様だけど、どっちに転ぶこともありえそう。
スティーブンスが早めにブレークしたけれど、ハレプもきれずに頑張っている。ハレプは厳しいところに打たれたときにミス(forced error)が出てしまうのをなんとかしたいところ。
スティーブンスは守っても攻めても基本的には打ち勝っている。このままいけば良さそう。ドロップショットだけ全然決まらないけど。
結局最後にハレプが見せ場は作ったけどそのままスティーブンス。

このままスティーブンスが勝ちそうだなと思っていたら、子供がぐずりだして観戦中断。そのまま天ぷらあげてたりして戻ってきた時には試合が終わっていた。びっくりしたことにハレプが逆転で勝利していた。1セット目の調子から見ると少し不思議だけど、ハレプが上げてきたのかスティーブンスが落ちたのか。
いずれにしろハレプがグランドスラムを取ったことで名実ともにナンバー1ということで、女子テニス界を引っ張っていくのだろうか。

全仏オープン2018のMen’s Singlesの決勝

ナダルとティエムの勝負。新旧クレイマスター同士の対戦と言っていいのだろうか。

ナダルはシュバルツマンに1セット取られたくらい?ほぼ完勝で勝ち上がってきた。強敵らしい強敵はそのシュバルツマンとデルポトロくらいだったか。デルポトロも1セット目のメディカルからピリッとしなかったし、ナダルとしては体力を温存しつつ勝ち上がってきたといえるだろう。
対照的にティエム。錦織・ズベレフなどクレイでも強さを見せる難敵を倒して勝ち上がってきた。セットもそれなりに落としているが、2週目からむしろサクサクと勝ち上がっているぶん疲労は少ないか。

何事も起こらないとナダルが勝つのかもしれない。ナダルは油断しないし、相手の状況に合わせて対策もとって来るゲーム巧者でもある。
だがティエムにも勢いがある。 特に錦織を始め何人かの相手が打ちにくそうにしていたフォアハンドがナダルにも効果的に通じるかどうか。あとは強烈なファーストサーブがどこまで確率を上げられるか。そこらへんをうまくやれればティエムの勝機が見えてきそう。

さて1セット目。ちょっと最初の方を見逃して途中から観戦。五分の打ち合いをしている。すでに1ブレークずつしているようだ。その後集中が切れたのか0−40になったところで、すっとナダルがブレークしてセットをとった。ティエムはこういうブレークはちょっと残念なので無くしたいところ。6−4

2セット目に入ってもナダルのペースは変わらず。ティエムも随所でいいプレーはするんだけど、ナダルが全体的にレベルが高い。撃ち合ってもあまりミスしないし、ウィナーも取りに行けば取れる。6−3

3セット目はちょっとナダルが怪我か・・・という場面があってひやっとしたけれど、その後も特に波乱はなくナダルが勝ち切った。最後のゲームで3チャンピオンシップポイントを凌いだティエムには意地と将来性を感じたけれど。6−2

結局ナダルに勝つにはナダルにしっかり打ち勝てないといけないということ。フェデラーやいい時の錦織ばりに攻めまくるか、いい時のジョコビッチ並みに守れるか。クレイコートでナダルに勝つにはそんなクオリティーが求められるのだろう。そしてそんなプレイヤー滅多にいないよねっていう。ナダルが衰える前にナダルを全仏で倒すプレーヤーは現れるのだろうか。
ティエムは着実にステップアップしているので来年が楽しみ。最近みんなそうだけど怪我だけ気をつけてほしいところ。

全仏オープン2018の雑感

女子の方はハレプが初めてグランドスラムを取ったということで、ちょっと記憶に残るトーナメントになった。

男子はナダルの11勝目。10勝目がインパクトがあっただけに、それを超えて来ると少し惰性感が出てきている。とはいえしっかりと強さを見せて優勝しきったナダルはさすが。まさか今年もこのままフェデラー・ナダル・フェデラー・ナダルで終わるのだろうか。
一方で全豪のチョンとエドモンドのように、全仏ではチェッキナートとティエムがベスト4に入ってきた。優勝こそビッグ4が譲らないものの、少しずつ若手の侵食は始まっているのかもしれない。

全仏オープン2018Men’s singles結果

優勝   ナダル
準優勝  ティエム
ベスト4 チェッキナート・デルポトロ

D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください