en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

USオープン2017の2週目の観戦記

さてフェデラーナダル以外のトップ選手が次々消えるトーナメント。 さてさて誰が勝つものやら。

八日目

ルブレフvsゴフィン

久々にゴフィンを観戦。 そんなに良いわけでもないけど無難にはまとめてる感じ。 対するルブレフはディミトロフを倒したのはまぐれではないと見せつける感じのプレー。 フォアハンドの強打がよく決まる。 バックハンドスライスなど時折変なショットを打ったり、ぼちぼちブレークされたりもするんだけど、なんというか勝負強い。 7−5、7−6で2セットアップ。
3セット目はブレークからスタート。 ゴフィンちょっと怪我が悪くなったかな。 ちょっと動きが落ちた感。 けどゴフィンのバックハンドのダウンザラインのリターンはずっといい。 最後にもう一つブレークしてルブレフの勝利。 やっぱりゴフィンは怪我が芳しくなかったよう。 ルブレフはナダルに勝ってもおかしくないし、少なくとも良い勝負はするんじゃないだろうか。

バンダウェイvsサファロバ

地元の声援をうけるバンダウェイとサウスポーのサファロバの戦い。 2セット目の最後からちょろっと観戦。 バンダウェイは結構正統派って感じ。 サファロバはサウスポーなだけで正統派って感じかしら。 この2セット目終盤だけ見るとバンダウェイとても良いプレーヤー。 もう少し高いシードでも良さそうな。 USオープンがあってるのかしらね。 じりじりとしたタイブレークは息子をあやしている間に終わっていた。 バンダウェイは今大会のプリスコバなら勝てるんじゃないだろうか。

九日目

シュバルツマンvsカレノブスタ

主審と喋りまくっていた両者が印象的なファーストセット。 最初はシュバルツマンが悪くて、少しずつ上げていったけど追いつけなかったって感じの第一セット。 どちらにころぶかはまだわからない。
第二セットも、なんやかんやブレイクしあった末にカレノブスタがとって2−0。 時折良いラリーはあるのだけど、ミスも多いゲームである。 この手のゲームはどっちか応援してると楽しんだろうな。 さてこのままカレノブスタがとるのか。
第3セットもなんだかミスの多い展開でカレノブスタがとって3−0。 カレノブスタは次ビッグサーバーを倒すとファイナルか。 ふーむ。

セバストワvsスティーブンス

セバストワは前のゲームをちょろっと見たのと似たような感じ。 スティーブンスが面白い。 ガツガツくる系かと思ったら、めちゃくちゃ落ち着いてプレーするタイプ。 すごく力が抜けてるように見えるのに、飛んで行くボールには結構力がある。 セバストワが少し怪我のよう。 今大会はほんと怪我が多くて残念。 スティーブンスが何個かブレークして第一セットを取った。 このまま行きそうな感じだけど、眠いのでここまで。

十日目

プリスコバvsバンダウェイ

ナンバー1シードと地元のバンダウェイ。 1セット途中からだったけど、プリスコバがブレークバックしてタイブレーク突入。 1個のミニブレークでバンダウェイが逃げ切った。 プリスコバは安定はしてるけど普通な感じ。 バンダウェイはミスも多いけど、大観衆を背に頑張っている。 実力が均衡してるゲームだと運やら歓声やらも重要ですな。
2セット目はバンダウェイがうまいことブレークして勝利。 バンダウェイが次勝てるかは出来次第って感じのプレーヤーかな。 まあ良いサーブとフォアファンドが魅力的。

ナダルvsルブレフ

期待のルブレフをあっさり粉砕した第一セット。 ナダルは単純に強いのもあるし、ポイント押さえるのがうまいなあって感じ。 ルブレフが第二セットに向けて上げていけるか。
第二セットは少しルブレフが良くなったけど、ナダルの勢いは止まらず。 ナダルは何気にサーブが良いんだよね。 ルブレフもう少し粘れると次に繋がるかな。
ブレークからスタート。 ルブレフはバックハンドが計算できないのがちょっと痛い。 もうちょっとできてもよいような気がするのだけど、やっぱり少しナーバスなのかな。 ナダルに勝つには弱点があっちゃダメでしたって印象のゲームだった。

D

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください