en_US English ja 日本語 zh_CN 中文

[映画感想] THE WOLF OF WALL STREET・ウルフ・オブ・ウォールストリートを見た感想

ディカプリオ扮するジョーダン・ベルフォートがウオールストリートで働いたり、起業したりして、お金持ちになってはっちゃけまくるお話。
よくある成功ものって感じかな。

3時間近い長い映画だけど、話のテンポがいいので飽きずに一気に見れる。
きっと金稼ぎシーン、お色気シーン、暴力シーン、シリアスシーンのバランスがいいのかな。
R18的なシーンが多いので好き嫌いはありそうだけど、まあ面白い。

英語は聞き慣れない用語が多いし、だいたい話す速度が早いので、まあフォローするのは大変。字幕付きでも結構大変。勉強向きではないけど、これ聞ける人なら英語聞けるんだろうなって感じ。

映画の総評 7
原作や設定 6
構成と展開 9
英語の勉強 5

以下はちょっとネタバレありの感想。

【あらすじ】

ウオールストリートで働き始めたディカプリオ演じるジョーダンの会社が倒産して、それなら自分でやったるわって感じで職場のエースになったり、起業したりして行く。

私生活は元の奥さんと別れるものの、美人さんと再婚して子供ができたり結構順調。
仕事はバリバリのストック。イリーガルなところに手を出しつつも、稼ぎまくって成功。
仕事仲間たちとドラッグ・女・酒、パーティー三昧の金持ちライフを送る。

最後はFBIにマークされて逮捕されちゃいましたって感じだけど、割と刑務所の中でも楽しく過ごす。
出てきたジョーダンが再起を図ろうとしてるところで映画が終わる。

【雑感】

金融商品のセールストークに才能を持つ若者が、お金持ちになって酒・女・薬を楽しんで最後は失敗する。
こうまとめちゃうとありきたりなお話。

だけど面白い。
テンポがいい。飽きさせないように、酒・仕事・プライベート・薬・女・酒・金持ちライフ……などの短いストーリーを次々と流して行く。
内容は似た話の繰り返しも多いんだけど、飽きがこないのはそういう理由なんだろう。

3時間と長い映画だけど、内容が嫌いじゃなければあっという間に見終わる。内容が嫌いだったら30分でいいかもしれないけど。

英語は早いし、知らない単語が多いし難しい。字幕があっても置いてかれるところが結構あった。
内容的にもあまり英語の勉強向けって感じじゃないけど、その一方でディカプリオが大声で社員をアジテートするところは聴きやすかったりもする。

D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください