ヘルシンキのベトナム料理屋さんAsian Aromaでテイクアウトディナー

 

ヘルシンキ大学のクンプラキャンパス近くの中古スポーツショップに行ったことがきっかけで、そのお近くのベトナム料理屋さんにちょっと興味を持った私Dと嫁X。

こういうときに腰が軽いのはいつも嫁X。そんな話しをしてたすぐ後にそのベトナム料理屋さんを訪れてテイクアウトを買ってきてくれた。

 

お店: Asian Aroma

外部リンク(ウェブページはフェイスブックの模様):
https://www.facebook.com/asianaroma101/

住所: Hämeentie 101, 00550 Helsinki

 

Asian Aroma のフォー

注文したのはフォーともう一つライスヌードルのようなもの。

今お店のホームページの写真で確認する限り、pho asian aromaとBún thit nuonだと思う。

右のフォーはスープと混ぜて、左のBún thit nuonは野菜お肉と混ぜた麺にソースをかけて頂いた。

値段は10ユーロと12ユーロだったけど、両方ホムペのお店のメニューの値段よりちょっと安いからその日のサービスメニュだったのかもしれない。

嫁Xが今日のおすすめって言われたのを買ってきたって言ってたから。

 

それで肝心のお味の方なんだけど、端的に言ってとても美味しかったな。

フォーは優しい味のスープで、シャンツァイを始めとした香草の匂いのバランスが良かった。Bún thit nuonはこちらも麺とレタスとお肉の組合せにベトナムっぽい香りのするソースが良い感じに絡んでとても爽やか。

香りは強いと言えば強いんだけど、どこかあっさりした感じで食べられるのはベトナム料理の特徴だろうか。

嫁Xもかなりお気に入りだったし、そのうちリピすることは間違いないだろう。今度はお米のおかず系の料理にも手を出してみたい。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

k-marketでよく買うガーリックブレッド! in Finland!

 

ガーリックバゲット

こちらは嫁Xが良く買ってくるk-marketのガーリックブレッド……というかpatonkiだからガーリックバゲットか。

ちなみにValkosipuliがにんにく。

ちなみにちなみにSipuliがたまねぎ。

普段は1.5ユーロかな。

今日は焼き立てのが1ユーロでセールしてたので私が購入。

ガーリックブレッド

こんな感じのバゲットで1cmくらいの斜め切りに切れるようになっていて、切断面にガーリックオイルが塗ってある感じ。

冷めたのでもガーリック味が良い感じで意外と4歳半子供が好きだったりするんだけど、あったかいのはバゲット自体も結構美味しかった。

うん。1ユーロでだいぶ満足できた。

 

D

のんびり過ごす新年とお正月に作った料理 in Finland!

 

今年は大晦日に嫁Xの同僚を呼んでホームパーティーしてたりなんぞしたので、年明けは割と寝正月気味。

新年は雪は降っているけれど体感気温は-10度切らないくらいで過ごしやすい感じ。

ちょっと近所の丘に新しくできた階段を覗きにいってきた。

近所にできた新しい階段

この階段を通ると近所のスケートボードパークまですぐにたどり着けることになるわけだけど……まあスケートボードパークを使わないからな。

180段ほどある浅い階段だったので、ちょっとした運動としては良い感じ。

森の中を抜けるルートを組合せて30分くらいのちょうどよい周回お散歩コースって感じなのだ。

 

そんな少しのお散歩をした以外には、息子のL君のLEGOあそびに付き合ったり料理をしたり。

今年は忙しさにかまけておせち料理を作るのはスキップしてしまった。

なますくらい作ろうかと思って大根は買っておいたのだけど、やっぱホームパーティーやるってなるとそれにかかりっきりになってしまうね。

というわけでそのホームパーティー用に準備した餃子と、ちょっとした料理でお正月は流した。

餃子はJiaheで最近結構良いニラが手に入ることが多いので、豚ひき肉とニラの餃子がメイン。

前も書いたかもしれないけれど、豚100%のひき肉(porsaan jauheliha)はk-market、Alepaなど小さめのスーパーだと置いてないこともある。Prisma、Citymarketレベルだと大体は売ってるだろうけれど。一方で合挽肉、牛ひき肉、鳥ひき肉は小さいスーパーでも売っている。

後は白菜、卵、チーズなんかのタネも作ってみたけれど、まあ手作りの皮がかなり上手くできたってこともあり、今回の餃子は全般に大成功だったな。

冷凍ホッキ貝

後はこれ。

冷凍ホッキ貝をお刺身に。

これも前書いたよう気がするのだけどJiaheで買った冷凍の北寄貝が美味しいのだ。

Jiaheのお隣のJKショップで1kg40ユーロだけど1kgも北寄貝食べるの大変だし、普通に美味しいので買う価値はあると思う。

ちょっと内臓処理がいまいちだったので、貝の根本を開いて砂が残ってるなら取り除いたほうがよいかもしれないけれど。

 

料理したのは海老。

冷凍の背わたが処理されてるタイプの海老を買ってきて、大根としいたけ、白だし、みりんで煮込んだ。

大根が良い感じに全部の味を吸ってとても美味しかった。

1 大根半分くらいを1cm厚一口サイズにきる

2 鍋に500ml水、ドバドバっと白だし(30mlくらい?)、ちょろちょろっとみりん風調味料(15mlくらい?)を入れる

3 大根を突っ込んで15分ほど煮る。

4 一口大に切ったしいたけを足して5分ほど煮る

5 海老をいれて火が通るまで煮る。

ちょっと最後似すぎたけど、まあ美味しかった。

白だしかめんつゆつっこんどけば大概美味しい説は正しいのだ。

 

D

スーパーで買った冷凍ホッキ貝うめー in Finland!

 

冷凍ホッキ貝

突然ドンっと写真だけど、こちらはハカニエミのJiaheでみかけた1kg40ユーロのホッキ貝。

ちょっと高いかなと思ったけれど、まあ刺身用のサーモンとか牛ヒレステーキとかと同じくらいか。

そのまま刺し身で食べられるもののようだし、一度試してみるかと思い購入。

冷凍ホッキ貝の中身

袋を開けてみると見た目はなかなか良さげな感じ。

解凍そのまま食べられるって書いてあったので、醤油をつけてそのままがぶり。

……あら、美味い。

臭みはないし、貝の甘みが強い。

もちろん日本でフレッシュなホッキ貝の刺し身を食べた時なようにはいかないけど、十分楽しめる味。日本酒でもあれば尚更良いけれど、フィンランドで良い日本酒を見つけるのもなかなか難しいのよねー。

 

そんな感じでそのまま食べられるわけだけど、ちょっとだけ内蔵と砂の取り残しがある感じ。大した量じゃないけれど、気になる人は取っても良いかも。

ホッキ貝刺し身

……というわけで、開いて洗ってみたもの。

うーん、でも洗うと味が流れちゃう感じもあるかな。

中が少しぬめる感じが気にならなければ、そのまま縦斬りにでもして食べたほうが美味しいかも。

 

いずれにしろそれなり以上に満足できるホッキ貝だった。次は酒蒸しか何かにでもしてみようかな。

 

D

Ravintola Makaluでテイクアウトディナー in Finland!

 

フィンランドで結構よく食べるのはネパール料理レストラン。

この系統の料理はアメリカいた頃はほとんどインド料理屋だった気がするんだけど、なぜかフィンランドではネパール料理屋が多い。インド人は英語ネイティブな国に行くことを好むってことかな?

まあそれはわからないのだけど、私としてはネパールカレーとインドカレーの違いを区別できないのでどちらで食べてもだいたい一緒な気はする。

 

それはともかく、この日は嫁Xと息子のLくんが幼稚園帰りにMalmiのcitymarketにお買い物にでかけていて、帰りにネパール料理屋のRavintola Makaluでディナーをテイクアウトしてきてくれたのだ。

外部リンク: Ravintola Makaluのメニューページ

頼んだのはバターチキン14.9ユーロとラムヴィンダルー15.5ユーロ。

バターチキン

また最初に写真を取り忘れてたので写真がイマイチだけどバターチキン……

どっちもインド料理屋でも売ってる名前のメニューだけど、バターチキンはまあ子供が食べられるし美味しいのでしばしば買う。ヴィンダルーは辛いやつですごく好き、ラムが一番美味しいと思うけど他の肉でもまあ美味しい。

インドカレーはこの手のスパイスがだめって人じゃなければどのお店でも当たり外れが少ないというか、どこでもそれなり以上のクオリティーが楽しめる印象。このレストランも毎回しっかり美味しいインド、じゃなくてネパールカレーを提供してくれる。

ああ、ナンのクオリティーは結構お店次第で違うかも。このお店のは少し固めの印象だけど、ナンこそ焼き立てとテイクアウトで印象が変わっちゃうからな。これについてはお店で食べるまで評価は控えよう。ちなみにバスマティなのかな、ライスはどのレストランでも変わらない印象。

そんなわけで美味しいスパイスカレーを楽しむことができた金曜日のディナーでした。

……問題は食べすぎて太ることくらいだな。ネパール料理屋はカレー1つで二人分くらいの量があるんじゃないかな。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

 

初めてのケンタッキーフライドチキン(KFC)ができたよ! in Finland!

 

タイトル通りのお話。

知らなかったんだけど、フィンランドってこれまでケンタッキーなかったのね。

それがつい昨日2021年の11月11日にヘルシンキのitäkeskusに初めての店舗がオープンしたとのこと。

まあケンタッキーはケンタッキーなんだけど、やっぱり初めての店舗とかっていうとちょっとしたお祭りになるよね。

嫁の友人がそういうの好きなので早速食べに行ってきたらしいのだけど、大行列ができていたとのこと。

しばらくケンタッキー食べてないし食べに行ってもいいかなって気もするのだけれど、さすがにKFCのために行列に並ぶ気にはならないかな……

ま、落ち着いてきたら訪ねてみようかしらね。

ちなみに年末までにIsoOmena、Sello、それからTurkuにも一店舗オープンするそう。

それならなにかの機会にIsoomenaにでも寄る方が良いかもしれないな。IsoOmenaはなんとなく好きなんだよな。

 

アメリカいたときはケンタッキーのお隣テネシーにいたというのにほとんどKFCは使わなかったんだよなー。チキンっていうとchick-fil-aのスパイシーチキンサンドイッチ一択。極稀にbojanglesを使うって感じだったからな。

KFCは中国が良い感じ。デザートにエッグタルト売ってるんだけど、それがなんとも上手いんだ。エッグタルトって別に中国じゃなくても良いと思うんだけど、なんでKFC中国でだけ売ってるんだろ?
他の中国のローカルメニューも良い感じで美味しかったりする。

日本のKFCは普通のフライドチキン以外食べた記憶がないんだけど、日本のローカルメニューって何かあったのかしらね?

 

……しかし、これで定番の日本人ギャグ「クリスマスに食べるものはKFCのチキン」がフィンランドでも使えるようになるな。

 

D

ヘルシンキで明太子みつけた! in Finland!

 

 

5年くらい日本に帰ってないわけだけど、一つ思ってたのは明太子くいてーなーってこと……

たらこっぽい魚卵は売ってたりするんだけど、明太子のあの程よくジャンクさの加わったあの味は明太子でしか満たせないのだよあな……

もちろん本気になればどっかから手に入れることは可能なんだろうけど、わざわざ頑張るってほどの気持ちでもないんだよな。

そんなことを思いながらってわけじゃないんだけど、最近できたJiaheの支店、というかお隣のJKショップをぶらぶら。japanese koreanショップの略でJKショップらしいけど、野菜とか冷凍食品とかJiaheと同じものも結構売ってる。ちなみに場所はHakaniemi。

それはともかくとして、うなぎか納豆でも買うかーって冷凍食品コーナーをぶらぶらしていたときのこと。

……あった! それっぽい明太子だ! 結構うまそう!!

うっ、10ユーロ! たけえ!

とは思いつつも迷わず購入。ヘルシンキで変わったものが高いなんてのは当たり前だし。

明太子ご飯

実食!

冷凍だからか輸入プロセスのせいかは知らないけどちょっと水っぽい!

でも普通に明太子だ! ジャンク! 美味い! 満足!

 

まあこれで10ユーロだから毎回買うなんてことはしないけれど、たまに食べたくなったときに買うのは良いかもしれないなー、と思う週末でした。

 

 

D