配列から要素をランダムに取り出してユーザーに返す(html, javascript)

 

前回の投稿でユーザーインプットに対して文字列を返すところまで書いたので……

内部リンク: htmlとjavascriptでユーザーインプットに対して文字列を返す

後はこの文字列を配列からランダムに取り出すようにしたい。

配列からランダムに取り出すってところは割と有名なやつがあるので難しくない(下のL15のところ)。

Math.Random()で0から1の間のランダムポイントを作り出して、配列の長さをかけることでその長さにスケールをあわせる。んでMath.floor()を使って整数化して取り出したい配列の要素指定に変える……ということだろうな。

配列からランダム取り出し

問題は、これだと一旦文字列取り出したところで固定されちゃうところなんだよな……繰り返しクリックしても、取り出されるのが同じ値になってしまう。

って、ああ……単純にファンクションの中でMath.random()に走ってもらえばいいだけか。

これにちょっと悩まなきゃいけないプログラム系の素養のなさが悲しい。

修正したのが以下のコード。まあ、もうちょいスマートな書き方はありそうだけど、とりあえずこれでやりたかったことは走っているから良しとしよう。

ランダムで文字列を取り出し その2

というわけで……これをワードプレスのショートコードに突っ込んで、以下が実装例。

ユーザーインプット(1・2かそれ以外)によって別々の配列から文字列を返す。

……Oops、ワードプレスエラーでサイトが表示できねえ。

ああ、これだとname_arr、name_arr2、name_arr3の配列のところのシングルクオテーションがショートコードのルールか何かに蹴られるのか。

ワードプレスに使う場合は、ここをダブルクオテーションに変える必要があるってことね。

というわけでそれを修正後の実行例。

 

here is output

 

うん、問題なく動いていそうな挙動。

というわけで、無事配列からランダムで文字列を返すツールができました。ちゃんちゃん。

これで自分で欲しかったwebツールを書くだけの材料ができたので、別サイトにて1つ目のwebツールを仕上げることにしよう。

……ってあれ、投稿のシングルページだとしっかり動くけど、ブログトップページだと動かないってバグがあるな。まあ、このページがブログトップから開かれる確率はほぼ0だろうしいいか。

関連記事

1. ウェブサイト制作系お勉強のまとめ

D

htmlとjavascriptでユーザーインプットに対して文字列を返す

 

前回は簡単な計算を書いてみたわけだけど……

内部リンク: ショートコードでhtmlコード利用・練習編〜四則演算導入〜

今回はユーザー入力に対して文字列を返すというものを書きたい。

やりたいのは例えば1-5で指定されるような文字列の辞書、というか配列を作っておいて、その文字が入力されたらランダムで1個の文字列を返すっていうこと……なのだけど、今回はとりあえずユーザーインプットに文字列を返すところだけ。

記述は難しくはない。だけど条件分岐とかが出てくるので、javascriptを混ぜることは必要になってくる。

ワードプレスのショートコードでhtml内包のjavascriptでユーザーとやり取り

とりあえず書いてみたのはユーザーの数字入力に対して、適当な文字列を返すプログラム。例のごとく諸事情でスクショで。コード自体は後でどっか別ページにまとめて貼り付ける予定。

ユーザー入力に対して文字列を返すコード

1だとTaroで、2だとHanako、それ以外だとJiroを返すコード。ああ、outputのライン(L19)は前のコードから消し忘れただけなのでいらない。

  • <script>の中にjavascriptを記述する。
  • if else文は他のプログラム言語と似たような記述方式だから書きやすい
  • documentのgetElementByIDメソッドでID”res1″にアクセスして、innerHTMLで内容を書き換える
  • innerHTMLよりもtextContentの方がいいよってのを見かけた。どっちでも動きはする。

 

以下が実行例。上のスクショコードをtextContentで書き換えて、ワードプレステーマのfunction.phpのショートコードテンプレに突っ込む。

内部リンク: wordpressにショートコードでhtmlコードを導入してみよう

という感じでこのjavascriptは私の環境では動いているけれど、javascriptなので止めてる人は動かないかもしれません。

 

here is output

 

関連記事

1. ウェブサイト制作系お勉強のまとめ

 

D

ショートコードでhtmlコード利用・練習編〜四則演算導入〜

 

前回の投稿ではwordpressのショートコードを使えば、ワードプレスブログ内にhtmlコードがより便利に導入できることがわかった。

内部リンク: wordpressにショートコードでhtmlコードを導入してみよう

今回の投稿は応用編っていうかまあ練習をするって投稿。もう少しいろいろとした計算をもう少しまともな見た目で書いてみたい。

とりあえず四則演算を回してみよう

まあ、これは計算記号を変えるだけで良いわけだけど、もうちょっとフォーマットを綺麗にしてみようという感じの目標で……

四則演算させるhtmlコード

っとまあ、とりあえずこのような感じで。相変わらずコード的なものをブログ本文に入れるとショートコードが動かなくなるので、コードはスクショで……

四則演算をショートコードでの実行例

そのままfunction.phpのショートコードの中身にコピペして……新しいショートコードを作製。実行すると……

 

=0

 

という感じで、当たり前だけどhtmlだけでも四則演算は普通にできますね。

三角関数・指数・対数などなど

このあたりのシンプルな関数はどうなのかなっていう調査。

いずれはユーザー入力に対してPythonを走らせるって方向に行くつもりなのだけど、とりあえずはhtmlでできることを模索したい……のだけど、htmlにはそんなファンクションはなさげなのかな?

CSSには計算が組み込まれてるみたいだけど、ざっと見てる感じではjavascriptと組み合わせる方が王道だろうか。

そうなるとjavascriptとショートコードの相性的なものから再勉強か。それなら別の投稿にまとめたほうが良い気がするので、これはまた次回の投稿で。

関連記事

1. ウェブサイト制作系お勉強のまとめ

D

 

wordpressにショートコードでhtmlコードを導入してみよう

 

前回の投稿でワードプレスのテキストモードではonclick、oninputなどの機能が通常設定のままでは使えないことがわかった。

内部リンク:ウェブサイトの言語周りについてお勉強を始めよう in Finland!

ウェブサーチで見つけた一つの解決策はショートコードの機能を使う方法。今回の投稿ではショートコードでhtmlを走らせることを目的とする。

wordpressのショートコードの使い方

公式ページは以下のリンク。Developerの方のリンクを貼っとくけど、codexの方にもある。

外部リンク:WordPress API Shortcode

編集する必要があるのはfunction.php。ってやっぱりwordpressで何かしようと思うとfunction.phpをいじる必要が出てくる模様。

function add_text() {
$code = 'this is shortcode test for showing text';
return $code;
}
add_shortcode('addt','add_text');

function.phpに書き加えたのはとりあえずこんな感じ。

んでaddtを[]で囲むとショートコードが使えることになる。

アウトプットは以下のような感じ。

this is shortcode test for showing text

よくできました、ちゃんちゃん……っておしまいにしたいところだけど、もう少し続く。

ショートコードならばhtmlのoninputやonclickは動く仕様

さて、本題はこちら。

html直接打ち込むとテーマ設定か何かに蹴られて使えなかったoninputをワードプレスブログで動かしたい。

oninputのコードから作ったショートコードはこちら。

+ = 0

おお、動いたっ!

onclickはどうだろうか?

onclickのコードから作ったショートコードはこちら。

+ = 0

こっちも動いたっ!

ってことで無事ワードプレスのブログ内でユーザーインプットを受けて、ちょっと処理して出力するってことができました。

で、なんでコードを貼らないんだってことなんだけど……整形済みテキストでコードを近くに貼るとなぜかショートコードの方が動かなくなる変なバグがある。

というわけで一応スクショをここに貼っておくけれど、htmlコードをコピーしたかったら内部リンク:ウェブサイトの言語周りについてお勉強を始めよう in Finland!)を見て欲しい。いやコピーするほどのものじゃないけどさ。

しかし、これ毎回sftpでhtml直編集しないといけないってのがかなり面倒くさいな。ワードプレス内でテーマのphp編集できなくなってるのも解決するべきだろうか……

関連記事

1. ウェブサイト制作系お勉強のまとめ

D