エスポーのタピオラ(Tapiola)でアイススケートしてきたよ in Finland!

 

ちょっと前の話なんだけど、タピオラに行ってアイススケートしてきた話。

フィランドは北国なので、まあアイススケートはメジャーなスポーツかな。

ヘルシンキ・エスポーエリアもちろんアイススケートできるところはたくさんあるんだけど、レンタルがないところもそこそこあるので注意が必要。

レンタルあるところってことで、今回はタピオラのストックマンの近くのスケート場に行ってきた。

 

スケート場: Tapiola Icepark

住所: Kirkkopolku, 02100 Espoo

ウェブページ(英語): https://www.espoo.fi/en/units/39834

 

スケートリンクは無料だけど、靴をレンタルするならお金がかかる。

午前10時から午後9時まで開いてるけど、午後2−3時はメンテナンスだそうです。

 

 

土曜日の朝だったと思うのだけど、タピオラまではバスで移動。

バス停からスケート場までは歩いて10分くらいかな。天気次第だけどあんまり道がよろしくないかも。ベビーカー押しながらスケート場にたどり着くのはちょっと大変だった。

レンタルスケート

アイススケート場にたどり着くと、カフェがあるのでそこでスケート靴のレンタルができる。1時間一人5ユーロ。ホッケーとフィギュアスケートがあったと思う。

スピードスケートがあったかは確認しなかったけど、たぶんなかったと思う。

それからヘルメットレンタルするなら1時間2ユーロ。私たちは息子のL君にだけヘルメット着用。

タピオラのスケート場

スケート場右側の建物はオリジナルソコスホテル

スケート場はこんな感じ。右奥からぐるっと回っていく周回コースになっていて、大きいリングと小さいリングの2つある。

屋外スケート場なのでまあ氷のコンディションはそこそこ。普通に滑る分には問題ない。

上の写真の右側の男の子が使ってるような子どもが転ばないようの器具が10個くらいあるので、初めてのお子さんとか連れてきてもまあそれなりに楽しめると思う。

久々のスケートはそれなりに楽しんで滑れたんだけど、レンタルしたホッケーシューズがめちゃくちゃ中が硬いタイプのやつだったので、私は足が痛くなってしまった。

見た感じフィギュアスケートの方が良さそうな靴だった気はするけれど、私はためしていないのでなんともわからない。

次またスケートするとしたら中古屋いってスケートシューズ買っていくかもしれないなあ。

 

D

ヘルシンキでボーリングしてきたよ in Finland!

 

土曜日だし何かするかーってことで、ちっちゃい子どもでもそれなり楽しめそうなボーリングに行くことにした。

ヘルシンキ結構ボーリング場はあるみたいで、私たちの家からバスで15分くらいのところにも一つあった。

 

ボーリング場: Myllypuron keilahalli, Arena Center Myllypuro

住所: Alakiventie 2, 00920 Helsinki

ウェブページ: https://www.arenacenter.fi/myllypuron-keilahalli/

 

予約は電話か上のホームページからオンラインでできるっぽい。うちは嫁Xが電話して予約。

お値段は時間帯次第で、レーンを1時間借りるのに22ユーロから39ユーロ。混んでそうな時間はお高い値段になっているみたい。私達は土曜日の11時からってスケジュールで29ユーロだった。

この値段は1時間の投げ放題ってことなので、私達3人で使ってた1レーンでは2ゲーム投げられるくらいの時間だった。

あ、あと靴のレンタルに一人2ユーロかかる。

ボーリング場のある複合スポーツ施設

ボーリング場が入っている複合スポーツ施設

さて、バスと徒歩でボーリング場にたどり着くとこんな感じの建物。いくつかスポーツ施設が入ってるので中が広い。

それから入り口の辺りが迷路みたいになってて若干わかりにくい。売店をぐるっと回るようにして奥にいくと、ボーリング場を始め各スポーツ施設がある。

 

少し進むとボーリング場がちらっと見えるので、そっちの方に歩いていく。

ボーリングのバーを兼ねた受付があるので、そこで予約していたことを伝えて靴のレンタルと支払いをする。

あ、うちは息子のL君向けにガーターなしにしてくれって伝えたら、子どもがなげるときにだけガーターが上がるようにしてくれた。最近のボーリング場ってそういうシステムになってるんだね。

 

ボーリング場

ボーリング場はまあ普通のボーリング場。全部で12レーンと小さめのボーリング場だった。私達が始めたときは土曜日のお昼前ってことでそんなに混んでなかったんだけど、私達が帰る頃にはいっぱいになっていた。

久々のボーリングはガーター連発のガタガタ。息子のL君といい勝負で、嫁Xにはダブルスコアで負けてしまった。

でも久々のボーリングはとても楽しかったので、近いうちにまた行きたいものだ。

 

D

近所のAlepaで良く買うお魚フライ その2 in Finland!

 

ちょっと前にAlepaで買えるニシンのフライが割と美味しいって投稿を書いたのだけど……

內部リンク: 近所のAlepaでたまに買うお魚フライ in Finland!

この投稿はその同じシリーズのお魚フライ。

Friteerattu muikku

ちょっと手ぶれたけど、まあ小魚のフライなのはわかるかな

Friteerattu muikkuなので揚げmuikkuってことなんだけど、muikkuは日本名だとモトコクチマスなのかな? 他にはベンデス、シスコって感じの魚が近いようだけど……私はどの名前も知らなかったけど、魚詳しい人にはわかるのかな。サケ科なんだそうな。

料理はオーブンかフライパンで短時間あっためればよいだけ。

味は小イワシの揚げ物って感じ? さっぱりした青魚っぽい味で頭までそのまま食べられる。

そのままでも結構美味しいし、レモンとかマヨネーズ、タルタルソースなんかつければまあもっと美味しいとは思う。

うちの4歳の息子のL君がそれなりに食べてくれる魚の一つ。サーモンほどじゃないけどね。

 

D

ヘルシンキでNew Children’s Hospital(Meilahti)にお世話になった in Finland!

 

ちっちゃい子どもがいる親あるあるで、子どもがスリップして頭切ったーっていう連絡が幼稚園から。

まあ怪我するのも何度目かってことで結構なれては来ているのだけど、時間が遅いといける病院が限られちゃうってのが困るところ。特に海外だと選択肢が更に限られたりするよね。

一応幼稚園の保険があるから私立病院にかかっても払い戻しはあるみたいなんだけど、全部払い戻しになるかわからなかったので私立病院の値段に若干ビビる嫁Xと私。

まあほんなら前も行ったmeilahtiのところの公立病院(New Children’s Hospital)でええかってことで、そっちに行くことにした。

関連內部リンク: 病院の営業時間外に子供が怪我したときには! in Finland!

 

私は大学から直接病院に。嫁Xが子どもを幼稚園からピックアップして病院に。持っていくのは子どもとKERAカードだけ。

病院についたら機械で受付番号を取得して診察待ち。

待ち人数は5人ほどで、待ち時間は1時間くらい? 前のときも似たような感じだった気はするけれど、だいたいこんなものなのかな。

今回は裂傷だったので、傷口を消毒して傷口をくっつけるお薬を塗って処置は10分ほど。

今回は結構痛んでただろうに子どもが泣くこともなく心安らかに見てもらうことができたそう。

ちなみにコロナ関連なのか付添は片親だけ。今回も嫁Xについていってもらって、私はハズレの人の少ないあたりで待機しておりました。

 

D

ヘルシンキで中古のクロスカントリースキーを買ったよ in Finland!

 

ヘルシンキエリアでリーズナブルなスキーセットを求める方にお送りするタイトル通りの投稿。

子ども用クロスカントリースキー

事の起こりは息子のL君の幼稚園で冬場はクロスカントリースキーをやるよー、ってこと。

ダウンヒルじゃなくてクロスカントリー、ってのがフィンランドらしいな……などと思いつつ、クロスカントリースキーなんてやったこともないので、値段も必要な用具もいまいち検討がつかず。

嫁Xの友達が近場の中古屋で1セットわりとリーズナブルに手に入るよって教えてくれたので、そのお店に行くことにした。

外部リンク: Helsingin Sportti-Divari(お店のホームページ・英語版)

ホームページに書いてあるけれど平日と土曜日に営業。

場所はヘルシンキ大学のクンプラキャンパスの近く(Kumpula Campus)。ヘルシンキ中央駅からだったらバスで20分くらいかな。

重要なのは今どき珍しく支払いが現金のみなこと。行かれる方はお気を付けください。

中古スキーショップ

さて、そんなわけで現金を準備した私達、土曜日の朝10時の開店直後にお店へ。

嫁Xの友人が言うには購入にサポートが必要なら早めに行ったほうが待たなくて良いとのことだったのだ。

実際開店直後に入ったのに、既に数組お客さんが入っていた。

 

お店に入ってみると中にはスキー用具やらアイススケートやらがいっぱいあるわけだけど、我々はどこを見ていいのかわからないって状態。

入り口の近くにいたおじさんに英語で相談。

 

嫁X「子ども用のクロスカントリースキーを一式買いたいんだけどー」

「ふむ、後で行くから奥でちょっと待っててくれ」

嫁X「オッケー」

 

ってな感じ。たぶんこんな感じのお客さんがいっぱいくるのかなあという印象。

適当に用具なんかを眺めながら待つことしばらく、おじさんが登場。

まずはスキー板からってことで、サイズだけ見ておすすめのを一つ選んでくれた。

それからスキーブーツとポールもささっと選んでくれておしまい。

おじさんを待ってた時間のほうが長いくらいだったな。

割と年配のフィンランド人らしいむっつりとしたおじさんだったけど、テキパキと必要なものを見繕ってくれた。

そのまま入口近くのカウンターに戻って現金で購入。

セットで68ユーロだった。

クロスカントリースキーとしてお得な値段なのかはわからないけど、買取や大きいサイズへの交換なんかもやってるみたいだから、サイズがあわなくなったら持ってけばいいみたい。

 

無事スキーセットを買えてよかったね……って話だったんだけど、あとで一つ小さな問題が。家に帰ってからよくよく見てみたらスキーブーツが両方左。

こりゃあいかんと翌週交換してもらいにいくことに。

似たようなブーツはいっぱいあるってことでおこったミスだったようだけど、すぐに交換してもらえました。

中古ショップで買う方はこういうエラーもあったりするかもしれないのでお気を付けください。

 

ちなみにこのお店はダウンヒルのスキーも売ってて100ユーロ前後だったかな。

このままフィンランドにいつくようだったら、自分用に一本買っても良いかもしれないなあ……

 

D

久しぶりに色々した土曜日 in Finland!

 

今日は朝からお出かけ。

まず向ったのは中古のスポーツショップ。

息子のL君の幼稚園がもうすぐスキーを始めるので、クロスカントリースキーを買う必要があったのだ。

これについてはまた後で別投稿を書く予定だけど、70ユーロほどで良さげなスキー・ブーツ・ポールを買うことができた。

 

せっかく出てきたのだしそのままどこかにって気持ちもあったのだけど、子ども用とはいえスキー人セット担いであるき回る気にはならず。

一旦家に帰ってスキーをおうちに収納。

バスチケットの残り時間を見たら、まだ余裕がある。

ほんじゃあ久しぶりに飯でも食いに行くかと、ヘルシンキのシティーセンターへ。

 

向ったのはいつもどおりであれなのだけどBiang。11時過ぎに到着したせいか、一人目のお客さんだった。

夕方からはレストランはコロナパスポート(ワクチン証明)をみせないといけないって聞いてたのだけど、昼間はそういうのも必要ないみたい。

牛肉水煮と家常豆腐。

こっちも後で別投稿に詳細を書くかもしれないけど、いつもどおり満足できるお味でした。

 

お腹いっぱいになった後はシティーセンターのストックマンでお買い物。

私が息子のL君の面倒を見てる間に嫁Xがぱぱっとお買い物。

あ、ちなみにストックマン8階のランチブッフェのところはコロナパスポートがいるって書いてあったな。

ランチに関してはお店次第なのかもしれない。

しばらくL君とぷらぷらした後で、嫁Xと合流。

そんなに長い時間でもなかったけれど、それなりにお買い物が楽しめたようでよかったかな。

 

D

今日は寒かったので息子がアイスキャンドル作ったよ in Finland!

 

今日は気温がマイナス15度くらいだったのだけど、朝幼稚園にお出かけする前の息子のL君がバケツで氷を作りたいと急に言い出す。

まあ、ベランダに置いとけばよいだけなので……ってことで、言われるがままに子どもの小さな直径15cmくらいの小さなバケツに水を半分ほど入れてベランダに放置しておいたのだ。

 

L君が幼稚園いってるうちにすっかり忘れてたんだけど、夕食後に誰ともなく思い出したので回収。

見た感じはかなり全体が凍って透明って感じだったのだけど、內部は水のままって感じだった模様。

バケツから取り出して水道で遊んでいると、薄かった底が破れて中の水があふれてくる。

ちょうど器くらいのサイズになったので、今日だけのキャンドル用の器にすることに。

アイスキャンドル

こちらは嫁XのIphone SE2で

上からとるとこんな感じ。

アイスキャンドル2

こちらは私の職場スマホのサムスンで。

こういう写真はiPhoneのほうが全然綺麗に取れるかな。

 

という感じでアイスキャンドルを作って遊んだ1日でした。

バケツ素材次第もあるだろうけど、プラ素材のバケツならだいたいマイナス10度くらいなら朝仕掛けて夜にはこんなのができるんじゃないだろうか。

日本じゃできる場所は限られるだろうし、昼間じゃなくて夜に凍らせる感じになるのかな。でも今年はだいぶ冷えてるみたいだし、普段よりできるところも多いかもしれないね。

興味のある方はやってみてください。

 

気をつけないといけないのは、机の上に忘れて放置すると明日机が水浸しになるってこと。

キャンドルが消えたら氷は回収しておこう……

 

D

結構良い雪が積もったので近所のレイキプイストで雪遊び in Finland!

 

落ちついた年末年始も終わり、まもなく慌ただしい日常生活に戻りそうな感じの週末。

比較的天気が良かったことも有り、ソリをもって近所のレイキプイスト(公園)におでかけ。

冬場だとなかなか子どもを遊ばせる場所も難しいんだけど、綺麗な雪が積もってるときはいいよね。

雪の積もったレイキプイスト

ソリあそびにちょうどよいくらいのレイキプイストの丘

ヘルシンキは山はないけれど、結構丘は多い。

うちの近所のレイキプイストのあたりにもソリ遊びにちょうどよい丘があったりして、誰かがこしらえたのか段差付きのコースなんかもあったりする。

雪国の冬場は運動不足にもなりがちだから、天気の良い日はこういうところでちょいちょいと遊べると良いもの。

前の借りアパートのあたりにもあったし、フィンランドだったら大概ご近所にこんなところがあったりするんじゃないかな?

バスに乗ればもうちょっと本格的なところにもいけるだろうけどね……

 

さて、今日の夕食は鶏もも肉の唐揚げ。

揚げまくるぞー。

 

D

ヘルシンキで子供をヘルスステーションに連れてったお話 in Finland!

 

タイトル通りのお話なわけだけど……ことの起こりは、お昼前の幼稚園からの電話。

息子L君の口周りのところが荒れていて、どうやらImpetigo、日本語だと「とびひ」ってやつに感染してそうとのこと。

感染性なので病院で診断を受けてお薬で処置するまでは家で面倒見てくれとのこと。

なので幼稚園に迎えに行った足で、そのまま病院に向かうことに。

 

向ったのはヘルシンキの公立医療センター、ヘルスステーションってやつ。

うちの近くだとバスで10分くらいのところにあるんだけど、まあヘルシンキ市内でも結構数はあるのでどこからでも近いのが一つくらいはあるはず。

嫁Xに聞いたら予約しないでもそのまま訪ねれば良いということで、L君とバスに乗ってのんびり移動。

バスを降りたらヘルスステーションは目の前だった。

 

自動ドアをくぐり抜けて入ると、受付ではなく案内のお姉さんがいた。

 

私:「こんにちはー」

「こんにちは。予約ありますか?」

私:「ないんだけど、子供が皮膚の感染症っぽいのにかかっちゃって」

「それでしたら2階の受付に行って、待ち番号を取得してくださいー」

私「了解です、ありがとうございますー」

 

ってなやりとりを英語でして2階へ。

 

ヘルスステーション受付にて

2階にたどりつくとすぐに受付がみつかる。

下のお姉さんに言われたように、番号札をとって待っててとのこと。

待ち番号

 

番号札を取る機械はこれ。

ボタンのところにオフィスって書いてあるから、いまいちこれで良いのか謎だったんだけど……

隣にいたお姉さんが「それでいいんやでー」ってフィンランド語で教えてくれた。

オフィスってのが病院受付のことらしい。

ボタンを押すとチケットが出てくる。

 

受付で待ってたのは5-6人くらいだったかなー。

一人ひとり結構受付で時間がかかるので、待ち時間はそこそこ時間がかかった(30分くらい?)。

受付に呼ばれたら、受付のお姉さんに症状を説明することになる。

受付のお姉さんが医者に見せるか看護師に見せるか判断してるのかな?

それはよくわからなかったけれど、わたしたちはお医者さんにかからせてもらえるってことで別の待合室に向かうように指示された。

 

すぐにお医者さんに呼ばれたわけだけど、診断結果は予想通りの感染症。

診察の後に飲み薬と塗り薬を処方してもらい、病院を後にした。

ちなみに診察は無料なので、診察が終わったらそのまま出てけば良い。

ぱっと調べた感じだと子供だから無料ってのではなくて、ヘルスステーションの診療は無料ってことなのかな。

私はいつも職場の保険で病院にかかってるから、公立のシステムは良くわかっていないのだ。

 

ちなみにお薬の購入は薬局(APTEEKKI)で。KERAカードに処方箋の情報が入っているので、KERAカードをスキャンするだけで必要なお薬を準備してくれる。

そんな感じでヘルシンキのヘルスステーションを使ったときのお話でした。

 

関連ページ

海外出産・海外育児のまとめ

 

D

Mall of TriplaのHoplopで遊んでから中華ランチ!  in Finland!

 

久しぶりに特に問題ごとも用事もない土曜日ってことで、朝起きてから嫁Xと息子のL君とともにMall of Triplaに行くことに。

mall of tripla

トリプラはパシラ(pasila)の鉄道駅のところのショッピングモールで、フィンランドで一番でかいモールなのだそうな。

朝10時に到着するように行ったわけだけど、それでももう結構人通りは見られた。

クリスマスに近づくtripla

クリスマスシーズンが近くなってきてることもあって活気のある様子。クリスマス雰囲気のデコレーションがされてたり、雑貨を売る露店なんかも出てたりしてとても良い感じだった。

コロナの状況は良くなったり悪くなったりだけど、フィンランドは今のところ持ちこたえてるって感じなのかなー。

 

さて、私達の今日の目的はショッピングモールではなく、息子のL君を遊ばせるためのHoplop。どこにあるのかなー、っとショッピングモールをうろちょろしてたのだけど、これがまったく見つからず。

こりゃあどうしたもんかなぁと、グーグル・マップを見ながらモールの外に出て看板を探したりしたんだけど、それでも見つからない。

ふーむ困ったなあって感じで、とりあえず目についたエレベータに入ったら……

hoplopへのエレベータ

興奮して手ブレたけどP6のテープにHoplopと書かれている

……あったー!!!!

ってことでホップロップ入り口直通のエレベータがたまたま見つかった。

私達調べた地図に4って書いてあったから4階だと想ってたんだけど、実はHoplopは地下。しかも4じゃなくてP6階。エレベータで潜らなきゃいけなかったというわけだ。

Triplaのホップロップはそんなに広くもないけどこざっぱりとしていて良い感じだった。追加のコインが必要だけど、トランポリンのゲームが面白そうな感じ。今回は息子のL君は興味を持たなかったけど。

ホップロップの階段だらけのアスレチックやら滑り台やらトランポリンやらで遊び続けるL君。それについていく大人たちはすぐに疲れてしまうわけだけど、4歳児は疲れ知らず。あっという間に2時間が過ぎてお昼の時間になってしまった。

Brokadi Ravintola

本当は冷蔵庫に色々大量に余ってるのでお昼には家に戻る予定だったんだけど、遅くなってしまったのでTriplaでそのままご飯を食べることに。

ローカルっぽいレストランやら和食やらチェーンやら色々あったんだけど、まあハズレがないのは中華かなーってことで中華料理屋のBrokadi Triplaを試すことに。鍋のビュッフェをやってるレストランだったんだけど、子供連れだし注文の方が無難かと普通の注文をした。

普通に美味しい中華だったわけだけど、レストランの詳細については後で別投稿で書く。

内部リンク: Mall of TriplaのBrokadi Triplaで中華ランチ in Finland!

そんな感じでなかなか楽しいお出かけでした。

 

D