Ravintola Makaluでテイクアウトディナー in Finland!

 

フィンランドで結構よく食べるのはネパール料理レストラン。

この系統の料理はアメリカいた頃はほとんどインド料理屋だった気がするんだけど、なぜかフィンランドではネパール料理屋が多い。インド人は英語ネイティブな国に行くことを好むってことかな?

まあそれはわからないのだけど、私としてはネパールカレーとインドカレーの違いを区別できないのでどちらで食べてもだいたい一緒な気はする。

 

それはともかく、この日は嫁Xと息子のLくんが幼稚園帰りにMalmiのcitymarketにお買い物にでかけていて、帰りにネパール料理屋のRavintola Makaluでディナーをテイクアウトしてきてくれたのだ。

外部リンク: Ravintola Makaluのメニューページ

頼んだのはバターチキン14.9ユーロとラムヴィンダルー15.5ユーロ。

バターチキン

また最初に写真を取り忘れてたので写真がイマイチだけどバターチキン……

どっちもインド料理屋でも売ってる名前のメニューだけど、バターチキンはまあ子供が食べられるし美味しいのでしばしば買う。ヴィンダルーは辛いやつですごく好き、ラムが一番美味しいと思うけど他の肉でもまあ美味しい。

インドカレーはこの手のスパイスがだめって人じゃなければどのお店でも当たり外れが少ないというか、どこでもそれなり以上のクオリティーが楽しめる印象。このレストランも毎回しっかり美味しいインド、じゃなくてネパールカレーを提供してくれる。

ああ、ナンのクオリティーは結構お店次第で違うかも。このお店のは少し固めの印象だけど、ナンこそ焼き立てとテイクアウトで印象が変わっちゃうからな。これについてはお店で食べるまで評価は控えよう。ちなみにバスマティなのかな、ライスはどのレストランでも変わらない印象。

そんなわけで美味しいスパイスカレーを楽しむことができた金曜日のディナーでした。

……問題は食べすぎて太ることくらいだな。ネパール料理屋はカレー1つで二人分くらいの量があるんじゃないかな。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

 

Mall of TriplaのBrokadi Triplaで中華ランチ in Finland!

 

Mall of Triplaを訪れHoplopで遊んでた午前中。

当然お腹が空くもので、そのままMall of Triplaでランチを食べることにした。

トリプラにはレストランも軽食もたくさんあったんだけど、まあCP的にも料理にも外れの少ない中華を選ぶことにした。

中華レストランも幾つかあるなかで行くことにしたのはBrokadi Tripla。

外部リンク: Brokadi Triplaのウェブページ

 

お店の場所はTriplaの4.5階。4.5ってなんぞやって思ったけど、Pasila駅近くのところの電光掲示板のあたりで上を眺めたら、半階上がったくらいのところにお店があるのが見えた。確かに4.5だった。

反対側の隠れたあたりにお店に登れるエレベータがあるので、ベビーカー持ちの私達はそこへ。

お店にたどり着いたのは12時50分。お客さんはほどほどに入ってるってくらいだったかな。

すぐに店員さんに案内されてテーブル席へ。

鍋温める装置がついてるテーブル

テーブルには鍋のヒーターが付いている

お店で目立ってたのはHotpot Buffetのコーナー。鍋の食べ放題が売りってことになっているようで、結構鍋を選択しているお客さんは多かった。

ホームページのメニューに書いてあるけれど、ブッフェスタイルの食べ放題が28.8ユーロ。テーブルに運ぶスープにちょろっと追加料金って感じだったので、一人30ユーロちょいになる感じかな?

ちょっと高い気もするけれど、日本でもちゃんこ鍋屋とか行くと結構良いお値段がするよねー。

注文しなかったのでビュッフェコーナーの写真は取らなかったけど、青梗菜のような野菜とかえのきとかお肉とか結構美味しそうに見えた。

 

私達は嫁が唇に怪我してたのと子供連れだってことで普通のメニューを注文することに。

鶏肉の炒めものと野菜

鶏肉の甘酢いためのようなものと野菜炒め

とりあえず子供ように辛くない鶏肉を注文(17ユーロ)。火の通し加減がちょうどよくて美味しかった。

味付けは大人には甘いかもだけど、まあそういう料理なのだからしょうがない。

誤算だったのは息子のL君が気に入らずたべなかったこと。

いつもどおり焼きそば的なものでも注文しておくべきだった。

野菜炒め(16ユーロ)は英語だとlong beanなんだけど、さやいんげんというべきなのかえんどう的なものというべきなのか、この野菜日本語でなんていうんだろうね?

しっかり油通してほどよいスパイスで炒められたこれはとても美味しかった。ご飯が何杯でもたべられる系の野菜。

ちなみに白米はそこそこだったかな。料理に付いてくるものだからあれだけど、もう少し米とか炊き加減とか改良の余地はあり。

Brokadiのエビ料理

エビ料理

殻までカリッカリに揚げた海老にスパイスを絡めたもの(24ユーロ)。こちらもとても美味しい海老。

良い感じにスパイスがまぶされた海老は飽きずに最後まで食べることができた。

結局鶏肉は少し残すことになってしまったんだけど、お店の人に聞いたら持ち帰り用のテイクアウト容器をくれた。アメリカでは普通の光景だけど、フィンランドでもこれできるってのは知らなかったな。まあ捨てちゃうよりはいいことだよね。

 

そんな感じでお腹いっぱいになってトータルは57ユーロ。子供のメニュー選びには失敗してしまったけれど、とても良いランチが食べられました。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

Ravintola Viikin kartanoでランチ in Finland!

 

うちの近くにはヘルシンキ大学のViikiキャンパスがあるわけなのだけど、昼時に時間の余裕があるときは嫁Xと大学敷地内のレストランでランチを食べたりするのだ。

外部リンク: Ravintola Viikin kartanoのメニューページ

メニューのところはフィンランド語しかない、たぶん。google翻訳なりDeepLなりで対応して頂けたら。

Viikin Kartano

黄色い古めの建物が可愛いレストラン

Prisma寄りの方からキャンパスの敷地に入ると、写真のような黄色い建物が見える。

建物中に入ってまっすぐに進むとキャッシャーがいるので、そこでお金を払ってから食べ物をセルフでお皿に取っていくスタイル。料金は普通のランチで大学関係者だと8.8ユーロ、そうじゃないと10.9ユーロ。

そんなブッフェスタイルのレストランなわけだけど、メインはフィンランドっぽい料理のときもあれば、アジア系の炒めものやカレーっぽい他国料理って感じのメニューなときもある。

スペインのミートボール

この日のメニューはスペインのミートボール

魚、ミートボール、シチューとかは外れが少ない印象だけど、だいたい美味しい。パスタとかはあんまり魅力的に感じていないので、試したことはないからクオリティーのほどはわからない。

他にサイドメニューで置いてあるのは、サラダ・パン・何種類かの飲み物・コーヒーにデザートなど。

サラダはまあ普通のサラダ。パンは少し当たり外れはあるけれど、美味しいパンがあるときもある。コーヒーは少し酸味が強めだけど、まあ普通。デザートもちょっと当たり外れがあるかな、チョコレートムースとかは美味しい。

月1・2で食べる分にはメニューの循環は十分。ランダムでも同じ食べ物に当たる確率はさほど高くないと思う。

うちの大学にも似たような価格帯のブッフェレストランがあって結構人気なのだけど、個人的にはここのほうが好きかなー。

比較的空いているし、ランチを食べて少しおしゃべりしてって感じでなかなか良いランチでございました。

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

Biang!でテイクアウトディナー! in Finland!

 

久しぶりに金曜日の大学での実験が早く終ることになり、ついでに嫁Xがヘルシンキのシティーセンターで用事があったとのことでディナーの待ち合わせ。

余裕があればレストランの新規開拓といきたいところではあるのだけど、ここのところちょっとドタバタしているのでいまいちそんな気にもならず。

結局いつも通りヘルシンキ中央駅前のBiang!で集まることになった……のは良かったのだけど、息子Lくん4歳絶賛不機嫌の日。

まあちっちゃい子供はときどきこういうことがあるのはしょうがないよね。

嫁さんも疲れ気味だったのでテイクアウトを注文しておうちに帰ることに。

金曜の夕方だったせいか待ち時間は20分。いつもより少し待ち時間が長かった。

11月のBiang!テイクアウト

最初に写真を取り忘れたので見た目がちょっといまいち

注文したのはラム肉の炒めもの、牛肉の炒め平麺、厚揚げの炒めもの。今回はラムのクオリティが少し低かった気はしたけど、その分牛肉がいつもよりも良かった気がする。

まあそんな多少のばらつきはあれども、いつもどおり満足できるレベルの中華料理でした。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

金曜日のお昼にヘルシンキのBiangでブッフェランチ in Finland!

 

今日は午前中にちょっとヘルシンキの日本大使館に行く用事があったのだけど、嫁Xと息子のL君と一緒に行く必要があったので、そのまま一緒にランチを食べることに。

向かったのはヘルシンキ中央駅近くの中華料理屋さんBiang。シティーセンターのショッピングセンターの中に入っている。2階。

biangの中の席

私はTapiolaの方は何回か試したことがあったのだけど、ヘルシンキの方のお店に来るのは初めて。

店内の席数はタピオラよりも少し大きかったかな。それから屋内のフロアウェイにテーブルが幾つか有る。小さな子ども連れには外の席も気楽で良いかもしれない。

biangの外の席

料理の方の写真は取ってなかったんだけど、肉というかタンパク質系のメインが6種類。野菜系が3種類くらい。それから点心4種類に、ご飯と麺類、スープ。あ、後サラダコーナーに冷菜が数種類あるな。甘味は芝麻球。

料理でそれぞれの好みや当たり外れはあれど、全般にクオリティは高め。次の予定が迫ってたので30分で出なきゃいけなかったのだけど、とても満足できました。

しかし今回ふと気づいたんだけど……ここのブッフェは回転良いから、料理が継ぎ足される頃に行く方が料理がフレッシュで良いかもしれない。

今回は時間の都合でお店開始の11時に訪れたのだけど、最初に準備していた料理な分少し乾いている感じがあった。30分もすれば新しい料理が継ぎ足されてたから、まあ少し後に行けば良いって感じだろうな。

開店直後の方が空いてはいるから、まあ一長一短ではあるか。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D