Malmiのタイ料理屋さんKorat Tam Tam Thairavintola2回め! in Finland!

 

今日はK-City-marketでマンモスセールやってるよーってことで、MalmiのCity-marketでお買い物をしてきた。

せっかくなのでご飯でも食べてこうということで、前回割と好印象だったタイレストランKorat Tam Tam Thairavintolaへ。

今回は土曜日の12時過ぎだったんだけど、お客さんは前回よりは少なかったかな。

わたしたちが出る頃には、少し混んできてたけど。

 

テーブル席を確保したら、例のごとくカウンターに直接いって注文。今回頼んだのは息子L君用にパッドタイ、嫁Xがpad kee mao (Drunkun noodle)、そして私がグリーンカレー。

まあ取皿たくさんあるので適当にシェアして食べる感じ。

3品で35ユーロほどと、まあお買い得な感じ。

グリーンカレー

グリーンカレーはこんな感じで、少し甘めで辛さ控えめって感じの味付けだった。鶏肉はちょっと固めかな。

私はもうちょっと甘さ控えめなやつが好きなんだけど、ご飯はしっかり進む感じのグリーンカレー。

ドランクンヌードル(Drunkun noodle)はちょっと私の知ってるものと味付けがだいぶ違かったな。甘みがかなり強めな感じ。あ、エビはちょうどよい炒め具合でとても美味しかった。

っていうかこのお店全般に甘み強めの味付けなので、そういう味付けの地方出身のシェフなのかもしれないね。

 

というわけで、普通に美味しいタイ料理屋さんなんだけど、ちょっと味付けの好みが私たちのものと外れてるかな……と思った2回めの訪問でした。近場にもう1軒タイ料理屋さんあるみたいだし、今度はそっちを試してみようかしら。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

 

ヘルシンキのViikiのRistorante Belloでイタリアンランチ in Finland!

 

今日は誕生日ってことで嫁Xの職場の近場でランチ。ヘルシンキ大学のViikiキャンパスの近く。

選んだのはイタリアンレストランのRistorante Bello。

 

レストラン: Ristorante Bello

住所: Maakaari 9, 00790 Helsinki

ウェブページ: http://www.ristorantebello.fi/

 

という訳でうちからはちょっと遠いんだけど歩いてレストランまで。

近づくとガラスシールドの入ってるテラス席が目立つ感じのレストラン。

中に入るとキャッシャーがあって、ランチタイムはそこで注文と支払いをしてから席を選ぶ感じの模様。13時過ぎだったこともあって、お店はすぐに座れるくらいには空いていた。

今日のランチはケバブ・サーモン・チキン・パスタ・ピザから選ぶ感じで、メニュー次第で11ー13ユーロくらい。ランチメニューはウェブページに乗ってる。

お金を支払ったらメニューの番号札をもらって好きな席に移動。今日は良い天気だったのでガラス張りのテラス席で食べることにした。

サラダバー

サラダ

サラダ

ランチメニューはサラダバー付き。この手のサラダバーとしては種類が豊富で良い感じだったと思う。ドレッシングはイタリアンドレッシングとオリーブオイルがあったと思う。そんなにしっかり見てなかったから、他もあったかもしれない。

ケバブとサーモン

メインメニューは私はケバブを、嫁Xはサーモンを注文。ランチメニューだからかびっくりするくらい、出てくるのが早かったな。

ケバブは……まあケバブ。美味しかったんだけど、味が濃くて量が多いからちょっと食べきるのは大変だった。

サーモンもまあサーモンなので普通に美味しい。付け合せのベイクした野菜が美味しかったな。

うん、メインメニューは基本的に量が多いっぽい。無理せず普通に余ったのテイクアウト容器もらって持ち帰るべきだったってのが反省点。

それからお隣さんが頼んでたチキンのメニューが当たりっぽい見た目だった。あっちにすればよかったかな。ま、色々メニューがあるようなので、またためしてみたいと思う。

デザートコーナー

デザートコーナーとパン

デザート

食後はデザートのケーキとコーヒー。

ケーキの横に棒ドーナツみたいのあったからデザートかと思ってたら、そっちはなぜかフライドポテトみたいなの。美味しかったけどね。

という感じの初めてのトライ。好印象だったけど、常用にする前にもう一度別のメニューをためしたいところ。

 

D

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

 

最近できたヘルシンキMalmiのタイ料理屋さんKorat Tam Tam Thairavintolaが美味しかった in Finland!

 

私はヘルシンキ北のMalmiの近くに住んでるので結構Malmiは行くのだけど、この辺りに日本人の方ってどのくらい住んでるんでしょうね?

駅のCitymarketの日本食コーナーが最近充実してるようだし、実は結構住んでるのかしらね?

ま、それはともかくとして、今回はMalmi駅近くのタイ料理屋さんを訪れたお話。

 

レストラン: Korat Tam Tam Thairavintola

住所: Hietakummuntie 16 A JK, 00700 Helsinki

ホームページ(Facebook): https://m.facebook.com/pages/category/Thai-Restaurant/Korat-Tam-Tam-Ravintola-1769453270025086/?locale2=fi_FI

 

割と小さめでこじんまりとしたタイレストラン。

中に入ると二人がけのテーブルが3個と四人がけのテーブルが5個くらいだったかな? 日曜日のお昼過ぎに入ったんだけど、既にお客さんが結構いっぱいだった。もしかしたら平日とかだとかなり混んでるかんじだろうか?

とりあえず席に座ってぼーっとしてたんだけど、ウエイターさんがやってこない。カウンターのあたりを伺っていると、どうやらランチは自分でカウンターに注文しにいくスタイルだった模様。

カウンターにメニューがおいてあったので拝借。メニューはフィンランド語だったけど、なんとなく写真と雰囲気でわかる。

注文したのはレッドカレー、pad kra pao (ガパオ)、そしてパッドタイ(pad thai)。

パッドタイ

細めの麺のパッドタイ

パッドタイはまあ子ども向けで頼んだイメージだったんだけど、息子L君まもなく5歳が結構ぱくぱくと食べてくれてよかった。ピーナッツの香りが程よくて、味付けもなかなか良さげ。

レッドカレーとグラッパオ

レッドカレー(チキン)は上物。まあ、私の好みだと少し甘めかなって印象はあったけれど、それでも鶏むね肉が程よく柔らかくて良い感じだった。辛さは割と控えめだったかな。

ガパオは味付けはしっかりガパオだったんだけど、ちょっと豚肉が乾燥気味の印象。だけどこの料理はビリっと辛いスパイシーさと独特の甘めの味付けがコアだから、それでも十分満足できた。

 

このお店で良かったのは、一皿のサイズが程よく値段も控えめなこと。普通のフィンランドのレストランだと一皿の量が多くて持ち帰りのほうが調整しやすくて良かったりするんだけど、このお店は10ユーロくらいのメニューが程よいサイズで良かった。

あ、おかず的なメニューにはライスがついてくるし、結構十分な量を盛ってくれるのも良かったよ!

それから値段はだいたい1皿10ユーロくらい。タンパク質の種類を何にするかで値段が変わる、海老だと5ユーロくらい高いよ。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

Helsinki(カンピ)の四川料理屋Mei Linでテイクアウトディナー! in Finland!

 

 

ヘルシンキのカンピエリアの周りって何気に中華料理屋さん多いよねー……ってことで今回はそのうちの一つ四川レストランのMei Lin(梅林)でテイクアウトを購入してきた。

お店のウェブサイト: https://www.meilin-fi.com

お店の住所: Annankatu 29, 00100 Helsinki

 

四川料理だけあって辛そうなメニューが多いけど、ウェブページ的には野菜メニューも売りなのかしらね。

Mei Linで買った鶏と茄子

テイクアウト容器なのでいまいち映えないけど味は良かったよ

ともあれ、選んだのは一つは鶏肉の唐辛子炒め的なもの(重庆辣子鸡、20ユーロ)と茄子の甘辛炒め的なもの(鱼香茄子、17ユーロ)。

ほんでもってテイクアウトなので10%オフ。

 

味のほうは茄子のほうはばっちり私好みの味。茄子の形も良いし、しょっぱめの味付けもご飯にばっちり合う系でうまい。

豚肉なしでも美味しいこの料理だけど、豚肉入ってるのも柔らかくて美味しかったな。

 

鶏肉の唐辛子炒めは、唐揚げにした感じの鶏肉をいっぱいの唐辛子と一緒に炒めるやつ。味は花椒がよく効いていて美味しかった。程よくスパイシーな感じでご飯が美味しい。

しかしテイクアウトにすると唐辛子分で可食部の量が気持ち少なく感じるな。特にこのタイプの鶏肉炒めは骨付きのところを細かく切ったやつを使うから余計にそう感じるのかもしれないけど。

とはいえもちろん一食分の量はあるし、味付けも濃い目だからご飯たくさん食べれる。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

2022年になって久々のViikin Kartanoで食べてきた in Finland!

 

あー、お腹いっぱいだー。

ってことで久しぶりにヘルシンキ大学ViikiキャンパスのところのViikin Kartanoでランチを食べてきた。

写真を取り忘れたんだけど今日のメニューはKarjalanpaistia, perunasosetta ja puolukkasurvostaってことで、カレリアシチューのマッシュポテトとポルッカベリーソース沿え。

カレリアシチューはフィンランドの名物料理なんだね。フィンランド南東部からロシアにかけての地方の肉シチュー。牛・豚を使うのが一般的なようだけど、今日のやつもたぶん牛と豚が入ってたと思う。

他の肉、エルクとかが入ってるバージョンもあるみたいだけど、入っててもわからないだろうな……

まあ割と透明なスープの肉シチューだったんだけど、マッシュポテトと甘酸っぱいポルッカのベリーソースとよく合ってて美味しかった。

今日はサラダのセレクションが若干イマイチだったけど、相変わらず全般には満足できる料理でした。

 

ちなみにここのレストランはワクチンパスポートの提示はない。嫁Xが今度ヘルシンキのMUJIでランチするってたけど、そっちはワクチンパスがいるっぽい。お店次第なんだろうね。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

ヘルシンキのベトナム料理屋さんAsian Aromaでテイクアウトディナー

 

ヘルシンキ大学のクンプラキャンパス近くの中古スポーツショップに行ったことがきっかけで、そのお近くのベトナム料理屋さんにちょっと興味を持った私Dと嫁X。

こういうときに腰が軽いのはいつも嫁X。そんな話しをしてたすぐ後にそのベトナム料理屋さんを訪れてテイクアウトを買ってきてくれた。

 

お店: Asian Aroma

外部リンク(ウェブページはフェイスブックの模様):
https://www.facebook.com/asianaroma101/

住所: Hämeentie 101, 00550 Helsinki

 

Asian Aroma のフォー

注文したのはフォーともう一つライスヌードルのようなもの。

今お店のホームページの写真で確認する限り、pho asian aromaとBún thit nuonだと思う。

右のフォーはスープと混ぜて、左のBún thit nuonは野菜お肉と混ぜた麺にソースをかけて頂いた。

値段は10ユーロと12ユーロだったけど、両方ホムペのお店のメニューの値段よりちょっと安いからその日のサービスメニュだったのかもしれない。

嫁Xが今日のおすすめって言われたのを買ってきたって言ってたから。

 

それで肝心のお味の方なんだけど、端的に言ってとても美味しかったな。

フォーは優しい味のスープで、シャンツァイを始めとした香草の匂いのバランスが良かった。Bún thit nuonはこちらも麺とレタスとお肉の組合せにベトナムっぽい香りのするソースが良い感じに絡んでとても爽やか。

香りは強いと言えば強いんだけど、どこかあっさりした感じで食べられるのはベトナム料理の特徴だろうか。

嫁Xもかなりお気に入りだったし、そのうちリピすることは間違いないだろう。今度はお米のおかず系の料理にも手を出してみたい。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

今年最後のviikin kartanoでのランチ in Finland!

 

クリスマスも目前。

クリスマス休暇前の仕事もほとんど片付いたので、嫁Xとヘルシンキ大学のViikiキャンパスのViikin Kartanoでランチをすることに。

外はマイナス10度近くとかなり寒かったのだけど、幸いViikin Kartanoはうちから歩いて10分少し。

そのくらいの短時間ならば冷凍庫気温の中でも歩けるというもの。

今日のランチ

 

今日のランチは英語に訳すとなにかのステーキって嫁Xから聞いてたんだけど、実際は牛肉と豆の煮込みって感じの料理だった。

メキシコ料理にありそうって感じの雰囲気で、肉も柔らかくてたべやすかった。

付け合わせのライスはこっちのビュッフェでよく出るあんまり好きじゃないタイプのやつだったけど……っても最近少しこのタイプにも慣れてきたな。

ま、実際に何の料理なのかはともあれ、いつもどおり安定して美味しいランチだった。

ヨーロッパのでかい茄子ってあまり好きじゃないんだけど、この付け合わせの茄子は結構いけたなー。

それから今日は黒パンの方が結構美味しかった。

そんな感じでデザートとコーヒーまでのんびり楽しんで1時間ほど。

そのあとViikiキャンパス内にある図書館に寄ってからおうちへ帰ったのでした。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

Ravintola Makaluでテイクアウトディナー in Finland!

 

フィンランドで結構よく食べるのはネパール料理レストラン。

この系統の料理はアメリカいた頃はほとんどインド料理屋だった気がするんだけど、なぜかフィンランドではネパール料理屋が多い。インド人は英語ネイティブな国に行くことを好むってことかな?

まあそれはわからないのだけど、私としてはネパールカレーとインドカレーの違いを区別できないのでどちらで食べてもだいたい一緒な気はする。

 

それはともかく、この日は嫁Xと息子のLくんが幼稚園帰りにMalmiのcitymarketにお買い物にでかけていて、帰りにネパール料理屋のRavintola Makaluでディナーをテイクアウトしてきてくれたのだ。

外部リンク: Ravintola Makaluのメニューページ

頼んだのはバターチキン14.9ユーロとラムヴィンダルー15.5ユーロ。

バターチキン

また最初に写真を取り忘れてたので写真がイマイチだけどバターチキン……

どっちもインド料理屋でも売ってる名前のメニューだけど、バターチキンはまあ子供が食べられるし美味しいのでしばしば買う。ヴィンダルーは辛いやつですごく好き、ラムが一番美味しいと思うけど他の肉でもまあ美味しい。

インドカレーはこの手のスパイスがだめって人じゃなければどのお店でも当たり外れが少ないというか、どこでもそれなり以上のクオリティーが楽しめる印象。このレストランも毎回しっかり美味しいインド、じゃなくてネパールカレーを提供してくれる。

ああ、ナンのクオリティーは結構お店次第で違うかも。このお店のは少し固めの印象だけど、ナンこそ焼き立てとテイクアウトで印象が変わっちゃうからな。これについてはお店で食べるまで評価は控えよう。ちなみにバスマティなのかな、ライスはどのレストランでも変わらない印象。

そんなわけで美味しいスパイスカレーを楽しむことができた金曜日のディナーでした。

……問題は食べすぎて太ることくらいだな。ネパール料理屋はカレー1つで二人分くらいの量があるんじゃないかな。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

 

Mall of TriplaのBrokadi Triplaで中華ランチ in Finland!

 

Mall of Triplaを訪れHoplopで遊んでた午前中。

当然お腹が空くもので、そのままMall of Triplaでランチを食べることにした。

トリプラにはレストランも軽食もたくさんあったんだけど、まあCP的にも料理にも外れの少ない中華を選ぶことにした。

中華レストランも幾つかあるなかで行くことにしたのはBrokadi Tripla。

外部リンク: Brokadi Triplaのウェブページ

 

お店の場所はTriplaの4.5階。4.5ってなんぞやって思ったけど、Pasila駅近くのところの電光掲示板のあたりで上を眺めたら、半階上がったくらいのところにお店があるのが見えた。確かに4.5だった。

反対側の隠れたあたりにお店に登れるエレベータがあるので、ベビーカー持ちの私達はそこへ。

お店にたどり着いたのは12時50分。お客さんはほどほどに入ってるってくらいだったかな。

すぐに店員さんに案内されてテーブル席へ。

鍋温める装置がついてるテーブル

テーブルには鍋のヒーターが付いている

お店で目立ってたのはHotpot Buffetのコーナー。鍋の食べ放題が売りってことになっているようで、結構鍋を選択しているお客さんは多かった。

ホームページのメニューに書いてあるけれど、ブッフェスタイルの食べ放題が28.8ユーロ。テーブルに運ぶスープにちょろっと追加料金って感じだったので、一人30ユーロちょいになる感じかな?

ちょっと高い気もするけれど、日本でもちゃんこ鍋屋とか行くと結構良いお値段がするよねー。

注文しなかったのでビュッフェコーナーの写真は取らなかったけど、青梗菜のような野菜とかえのきとかお肉とか結構美味しそうに見えた。

 

私達は嫁が唇に怪我してたのと子供連れだってことで普通のメニューを注文することに。

鶏肉の炒めものと野菜

鶏肉の甘酢いためのようなものと野菜炒め

とりあえず子供ように辛くない鶏肉を注文(17ユーロ)。火の通し加減がちょうどよくて美味しかった。

味付けは大人には甘いかもだけど、まあそういう料理なのだからしょうがない。

誤算だったのは息子のL君が気に入らずたべなかったこと。

いつもどおり焼きそば的なものでも注文しておくべきだった。

野菜炒め(16ユーロ)は英語だとlong beanなんだけど、さやいんげんというべきなのかえんどう的なものというべきなのか、この野菜日本語でなんていうんだろうね?

しっかり油通してほどよいスパイスで炒められたこれはとても美味しかった。ご飯が何杯でもたべられる系の野菜。

ちなみに白米はそこそこだったかな。料理に付いてくるものだからあれだけど、もう少し米とか炊き加減とか改良の余地はあり。

Brokadiのエビ料理

エビ料理

殻までカリッカリに揚げた海老にスパイスを絡めたもの(24ユーロ)。こちらもとても美味しい海老。

良い感じにスパイスがまぶされた海老は飽きずに最後まで食べることができた。

結局鶏肉は少し残すことになってしまったんだけど、お店の人に聞いたら持ち帰り用のテイクアウト容器をくれた。アメリカでは普通の光景だけど、フィンランドでもこれできるってのは知らなかったな。まあ捨てちゃうよりはいいことだよね。

 

そんな感じでお腹いっぱいになってトータルは57ユーロ。子供のメニュー選びには失敗してしまったけれど、とても良いランチが食べられました。

 

関連記事

ヘルシンキ・エスポーのレストラン

 

D

Mall of TriplaのHoplopで遊んでから中華ランチ!  in Finland!

 

久しぶりに特に問題ごとも用事もない土曜日ってことで、朝起きてから嫁Xと息子のL君とともにMall of Triplaに行くことに。

mall of tripla

トリプラはパシラ(pasila)の鉄道駅のところのショッピングモールで、フィンランドで一番でかいモールなのだそうな。

朝10時に到着するように行ったわけだけど、それでももう結構人通りは見られた。

クリスマスに近づくtripla

クリスマスシーズンが近くなってきてることもあって活気のある様子。クリスマス雰囲気のデコレーションがされてたり、雑貨を売る露店なんかも出てたりしてとても良い感じだった。

コロナの状況は良くなったり悪くなったりだけど、フィンランドは今のところ持ちこたえてるって感じなのかなー。

 

さて、私達の今日の目的はショッピングモールではなく、息子のL君を遊ばせるためのHoplop。どこにあるのかなー、っとショッピングモールをうろちょろしてたのだけど、これがまったく見つからず。

こりゃあどうしたもんかなぁと、グーグル・マップを見ながらモールの外に出て看板を探したりしたんだけど、それでも見つからない。

ふーむ困ったなあって感じで、とりあえず目についたエレベータに入ったら……

hoplopへのエレベータ

興奮して手ブレたけどP6のテープにHoplopと書かれている

……あったー!!!!

ってことでホップロップ入り口直通のエレベータがたまたま見つかった。

私達調べた地図に4って書いてあったから4階だと想ってたんだけど、実はHoplopは地下。しかも4じゃなくてP6階。エレベータで潜らなきゃいけなかったというわけだ。

Triplaのホップロップはそんなに広くもないけどこざっぱりとしていて良い感じだった。追加のコインが必要だけど、トランポリンのゲームが面白そうな感じ。今回は息子のL君は興味を持たなかったけど。

ホップロップの階段だらけのアスレチックやら滑り台やらトランポリンやらで遊び続けるL君。それについていく大人たちはすぐに疲れてしまうわけだけど、4歳児は疲れ知らず。あっという間に2時間が過ぎてお昼の時間になってしまった。

Brokadi Ravintola

本当は冷蔵庫に色々大量に余ってるのでお昼には家に戻る予定だったんだけど、遅くなってしまったのでTriplaでそのままご飯を食べることに。

ローカルっぽいレストランやら和食やらチェーンやら色々あったんだけど、まあハズレがないのは中華かなーってことで中華料理屋のBrokadi Triplaを試すことに。鍋のビュッフェをやってるレストランだったんだけど、子供連れだし注文の方が無難かと普通の注文をした。

普通に美味しい中華だったわけだけど、レストランの詳細については後で別投稿で書く。

内部リンク: Mall of TriplaのBrokadi Triplaで中華ランチ in Finland!

そんな感じでなかなか楽しいお出かけでした。

 

D